あじ豊

えしぇ蔵 | 2016年5月21日

糸島市や西区方面にはおいしいそばはあちこちにあるけど、うどんがいまいちないなぁとお考えの方は是非このお店にどうぞ。ここは”無添さぬきめん”を売りにしたさぬきうどんのお店です。要は安心して食べることができるさぬきうどんのお店ということで、子どもからお年寄りまで、幅広い層のお客さんで賑わっています。さぬきうどんとうたってはいますが、本場のそれのようにこれでもか!という強いコシではなく、もっちり感を残しつつ適度に柔らかい、一歩手前のさぬきうどんという印象を受けます。福岡の客に合わせてあるのでしょうかどうでしょうか?だから「うどんは博多たい!」という柔らかいうどん派の方でもそこまで抵抗はないのではないかと思います。ここはうどんだけでなくサブメニューも好評で、かつとじ丼などはその筆頭です。嬉しいことに丼ものにはミニうどんがつきますので両方楽しむことができます。お店もきれいだし、駐車場も広いし、接客もいいし、これといって非のないお店なのに、それに加えて価格も安いので果たして経営上やっていけるのか?というのが唯一の気がかりです。良心的なお店なので是非末永くがんばって欲しいです。
(えしぇ蔵)
福岡市西区千里223-4
092-805-5840

うどん和讃

えしぇ蔵 | 2016年4月13日

やわらかい博多うどんが主流のこの福岡で、あえて讃岐うどんで勝負するお店もだいぶ増えてきました。中でもえしぇ蔵がよく利用するのは、福岡で最高の讃岐うどんを目指すという大きな目標を掲げた「讃岐うどん 志成」です。そのうまさは保証付き。すでに福岡で最高のレベルに達しつつあるのではないかと思います。そんな名店が出した2号店が今回ご紹介するお店です。和讃と書いて「わざん」と読みます。しっかりとしたコシのあるうどん、すっきりとしただし、カラッと揚がった天ぷら、そして明るく清潔な木目を主にした内装など、基本的に「讃岐うどん 志成」のコンセプトそのままの印象を受けます。ただこちらの方が大きなテーブルの席があるのでゆっくりできる感じがします。4、5人ぐらいのグループで行っても大丈夫です。ビルの2階にあって階段が急なのでご年配の方は心配されるかもしれませんがそこはご安心を。エレベーターがあるので是非ご利用下さい。細かいところまで客への配慮が感じられるところも「讃岐うどん 志成」と同じです。いいお店は2号店を出すようになると徐々に質が落ちていく傾向がありますが、どうやらここはその心配はなさそうです。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区大手門3-7-9-1 We大濠公園2F
092-406-8030

大地のうどん 筑紫野店

えしぇ蔵 | 2015年5月23日

ESEグルメをやっていながら、えしぇ蔵の外食頻度は下がる一方です。というのはお店の開拓のリスクを負うことが年をとるに従ってきついものに感じられてきたからです。推薦がある場合は別ですが、特に情報を持たずに新規のお店に行くことは本当に億劫になりました。ラーメンとうどんに関しては特にそれがひどいです。福岡のラーメン屋とうどん屋の9割はえしぇ蔵としてはあまり行きたくないタイプのお店なので、飛び込みで行くことはきわめて稀です。でももしうどん屋に関して、「豊前裏打会」であるという情報があれば、もうそれだけで安心してのれんをくぐります。これまで「豊前裏打会」のお店に何軒も行きましたが、どこもかなり満足させてくれました。だからこの言葉を見ると安心感を覚えます。コシのある麺、からっと揚った揚げ物、男性でも満足のボリューム、後味を悪くしない出汁・・・全くいい仕事してくれます。それとこのお店で特筆すべきはびっくりするくらいでっかいごぼう天。これも「豊前裏打会」ではお馴染みです。揚げ物好きな方は是非チャレンジして下さい。ここでは筑紫野店を紹介していますが、西区上山門に本店、博多駅に博多駅ちかてんがあります。客を安心させる仕事をするっていうのはすごいことですよね。
(えしぇ蔵)
筑紫野市塔原西1-3-5
092-921-7337

釜喜利うどん

えしぇ蔵 | 2014年4月11日

飲食店の好みは人によって差があるのであまり点数をつけて評価するというのは好きではありませんが、あえて福岡のうどん屋さんをいくつかのポイントごとに点数を加算してその合計を競うという形で評価するならば、おそらくこの「釜喜利うどん」はトップを争う位置にいるのではないかと思うほど、非常に非常に高く評価しています。個人的にも大のお気に入りで、近くにあれば週1回は必ず行くと思います。麺はしっかりとしたコシのある讃岐で、だしはしっかり出てるのに濃すぎず絶妙な味わいです。そして特筆すべきはうどんのオリジナリティです。あさりうどんなんていうメニューはおそらく他では食べられないのではないでしょうか?本わさびざる、高級おぼろ昆布、油うどんなどなど、このお店ならではのメニューがある点も大いにポイントアップです。それにここではおつまみメニューまで充実していますので、夜飲みに来てしめにうどんということが可能です。このおつまみメニューがまた酒飲みの心理をくすぐるものばかり。ランチで来るもよし。夜飲みに来るもよし。使えるお店です。ただし店内がそれほど広くないので大人数では無理です。2~3人ぐらいがベストかなと。ホスピタリティもまたよしです。店内は清潔さを感じますし、接客応対も感じがいいです。テーブル上に干海老入りの天かすが置かれていたのにはやられました。全体に客に満足を与えたいという姿勢を強く感じます。こういうお店は他の模範と成り得ると思います。是非福岡のうどん業界を引っ張って頂きたいと切に望んでおります。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区大名1-7-8
092-726-6163

博多綱場うどん しん田

えしぇ蔵 | 2014年3月8日

全国的にうどんのおいしい地域といえばおそらく讃岐が最も有名だと思いますが、実は博多もうどんがおいしい地域として徐々に認知されつつあります。福岡に住む人間としては名物が一つ増えるので嬉しい限りです。ラーメンに負けないぐらいの認知度になって欲しいと思います。では博多のうどんはどんなうどんなのか?他県の人にとっては讃岐のようにすぐにはイメージがわかないことでしょう。一言でいえば麺が柔らかいです。讃岐とは全く大局的な位置にいます。その好例として是非食べて頂きたいのはこの「しん田」のうどんです。独特の食感は讃岐に慣れている人にはちょっと驚きがあるかもしれませんが、これはこれでなかなかにはまるのです。このお店ではトッピングのバラエティが豊富なことが特長です。揚げ物はうどんに入れるか別皿にするか選べるのも嬉しいところです(えしぇ蔵は別皿で欲しい派です)。それとこのお店の最大の魅力は出汁のうまさです。料理は出汁で決まると言いますが本当にそうですね。最後の一滴まで残したくない味わいです。これがまた柔らかいうどんにあっていいんです。お昼には定食もあります。やわらかい博多うどんを世に広めるための貴重な戦力ですから是非頑張って欲しいです。
(えしぇ蔵)
福岡市博多区綱場町4-12
092-262-4124

由ら花

えしぇ蔵 | 2014年1月30日

今まで福岡にある沖縄料理のお店を取材して外したことがないのはただの偶然ではないと思います。基本的に沖縄料理というのはヘルシーだからではないかと自分なりに推測しています。沖縄の人が長生きなのはあのゆったりとした気候の中でゆったりとした社会を築いてゆったりと生活しているからだと思いますが、理由はそれだけではなく明らかにヘルシーな食事を毎日していることも理由の一つではないかと思います。そんな沖縄料理を箱崎で食べようと思うならこのお店がオススメです。ここは沖縄そばと唐揚げが自慢のお店です。沖縄由らそば、沖縄由らソーキそば、沖縄由ら肉盛りそばなど、様々な沖縄そばが楽しめます。それとテイクアウトでも人気の唐揚げも外せません。これらがセットになった定食もあります。まずはランチからどうぞ。絶対オススメです。夜はリーズナブルな宴会のコースもあります。オリオンビールがあるのはお約束ですね。一人もしくは少人数で行くなら唐揚げなどをつまみに軽く飲んでから沖縄そばでしめてさっと帰る、みたいな利用方法がちょうどいいかなと個人的には思います。気軽に沖縄料理を楽しむにはぴったりのお店です。
(えしぇ蔵)
福岡市東区馬出5-27-29
092-632-3136

手打ち讃岐うどん 雲海

えしぇ蔵 | 2014年1月3日

うどん屋さんの看板に、「手打ち」とか「讃岐」とか書いてあるのをよく見かけます。これが書いてあると非常にそそられるという人は多いと思います。えしぇ蔵にとってもどうもこの二つのキーワードにはひかれてしまいます。ところがこれが実際に食べてみるとがっかりなんていうのが結構多いんです。肝心のうどんのコシがどう考えても讃岐的ではない店もあれば、うどんはいい感じなのにだしが濃すぎて閉口するお店もあります。なかなか期待通りにはいかないもんです。仕事で志免をうろうろしている時にこのお店の看板を見た時は例によって半信半疑でしたが、何にしろ食べないとわかりません。それで食べてみた感想は思いがけない感動。本物に出会えた時のあの感動です。本物ってひょんなところで見つかるもんです。こじんまりとした綺麗な店内の端がガラス張りになっており、その向こうでせっせとうどんを捏ねているのが見えます。うどんのコシは申し分なし。だしも濃すぎず適度な感じでこれも申し分なし。揚げ物もカラッと揚がってこれもよし。接客もいい感じです。お店の前の駐車場も数台止められるのでここは志免における御用達にしています。本物って必死に探さなくても、自然な出会いがあるもんなんですね。
(えしぇ蔵)
糟屋郡志免町田富4-1-17
092-937-0403

うどん大学

えしぇ蔵 | 2013年11月1日

かつては福岡のうどん屋のうどんはとにかくだしが濃い(麺がやわらかいのは好みの問題なのでいいとして)ので他県の人が食べるとがっかりするのではないかと悲観していたものですが、どうも最近は非常に質の高いうどん屋が続々と登場しているようで、まんざら福岡のうどんの将来も暗くはないかなと胸をなでおろしています。ただ如何せんまだ少数派ではあるのでしっかり応援していきたいところです。こちらのお店のうどんは本場讃岐のようなしっかりとコシのある麺が特徴。個人的に讃岐のあのコシの強さは大好きでして、それが味わえるだけでもお気に入りにするには十分なんですが、だしも自然な味でこれまたえしぇ蔵好みです。それにトッピングの揚げ物類がうまいことが更にポイントアップ。揚げたてを別の皿で出してくれます。メニューも豊富なのでいろいろ楽しめます。ですがまずはシンプルなぶっかけやかけうどんがお勧め。麺の質の高さをしっかり味わって下さい。福岡のうどん屋のレベルアップにおいて確実に戦力になるお店です。是非みんなで応援しましょう。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区赤坂1-10-1
092-724-0609

さぬきうどん大木戸 福岡舞鶴店

えしぇ蔵 | 2013年10月10日

若い頃、姫を連れてさぬきうどんの本場四国の高松まで行って一泊二日でさぬきうどんを食べまくったことがありました。二日で何回食べたか覚えてないくらいです。どのお店も素晴らしいクオリティで感動の連続でした。それにうどんばかり食べていたのにいっこうに飽きることがありませんでした。さぬきうどんと名のつくものはそれまでにも何度も食べていましたが、本場の味がこれほど違うものかと驚かされました。そして思うことは、これが福岡でも味わえたらどんなにいいだろうということでした。本場のお店が福岡に支店を出してくれるのが一番いいんだがと。それを実現してくれたお店が舞鶴にあるんですね。さぬきうどん大木戸は香川県高松市にありますが、なんと福岡に支店があるのです。嬉しい話ではないですか。初めて食べた時はあのさぬきうどんツアーの時の感動が蘇りました。あぁこれだこれだと。このしっかりとしていて、でも固すぎない絶妙のコシがたまりません。うどんそのもののおいしさをじっくり皆さんに味わって頂きたいので、まず初回はぶっかけを食べて、次回から他のうどんもトライすることをお勧めします。うどんのバリエーションは結構あります。うどんの量とトッピングは選択できます。いろんな組み合わせを楽しむことができます。さぬきに行かずしてさぬきうどんを味わえる喜び。是非皆さんも味わって下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区舞鶴2-8-29
092-771-7187

とす麺之介

えしぇ蔵 | 2013年9月12日

勇名とどろく「豊前裏打会」の一員のお店です。この「豊前裏打会」という名前を聞いただけで個人的には非常な安心感を覚えます。初めてのお店でも「あ、それなら大丈夫。おいしいはず」という印象を与えてくれます。この「豊前裏打会」というのは、北九州の小倉にある「津田屋官兵衛」というお店を中心にして集まったうどんの強者たちの会で、麺やだしに同じ製法を採用していたり、「麺に熱い想いを吹き込んだ一品を提供すること」・「いつも新しい個性を発信し続ける情熱を持ち続けること」(豊前裏打会ホームページ参照)という共通の心構えを持っています。実に筋の通った頼もしい集団です。福岡には数店ありますが、鳥栖ではここが唯一です(2013年9月現在)。もっちりとした心地よい食感の麺と様々な素材を使用しじっくりと寝かせた出汁の深い味わいには裏切られたことがありません。ボリュームも結構あるのがまた嬉しいんですね。味も量も言うことなしで、かつ良心的なお値段ですからそこにまた安心感があります。後で喉が渇くほど味の濃い出汁を使ったうどんのお店ばかりが目立つ昨今ですが、こういうお店もあることを多くの人に知って欲しいです。こういううどんをおいしいというのではないでしょうか?どうでしょうか?
佐賀県鳥栖市原町1272-1
0942-83-8008