長崎阿蘭陀珈琲館

えしぇ蔵 | 2018年1月26日

平尾から霊園の方角に登っていく坂道の途中に、蔦がからんでいい感じの古さを醸し出した洋館がありますが、それがこのお店です。もう外観だけで入ってみたくなるような魅力ある佇まいです。ここは老舗で既に福岡においては名店として長く認識されていますので、本来はもっと早くご紹介すべきだったんですが、遅くなって恐縮の思いです。店内は昭和の喫茶店の雰囲気ですがこれまたいい感じに古びてノスタルジックです。そして窓からの見晴らしが更に居心地良くさせてくれます。そして肝心のお料理ですが、ジャンルが多岐に渡ります。普通、そういうジャンルをまたぐお店というのは全てのジャンルがおいしいというケースは少ないですが、ここは見事に全てがオススメです。最も有名なのは長崎ちゃんぽんです。これは本当にハマリます。普通に注文すると洗面器のようなでかい器に入ってくるのでちょっとビビりますが、あっさりしたお味なので気付けば完食しています(小さいサイズのものもあります)。皿うどんもそれに負けずおいしいです。個人的には皿うどんをかなり推します。そして洋食メニューもまたどれも美味です。カツカレー、レモンステーキ、ヒレカツなどなど人気メニューばかりです。そして珈琲館ですからもちろんコーヒーもクオリティ高いです。食後にお忘れなく。ランチでもディナーでもコーヒータイムでも、デートでもファミリーでも商談でも、あらゆるシチュエーションで気軽に使えるお店です。まだご存知ない方は是非行ってみて下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市南区平和2-16-3
092-521-5829

つけ麺Tetsuji

えしぇ蔵 | 2017年10月14日

つけ麺というジャンルはえしぇ蔵にとって未知の部分が多くて、何をもっておいしいと判断するのか、その基準が今ひとつ掴めないでいました。だからつけ麺のお店に行ってもこれが果たしておいしい部類に入るのだろうか?と自分で判断できなくて掲載を見送ったことが何度もありました。ところが今回のこのお店に関しては、食べてみて一発で「あ、こういうことか」とわかりました。これがおいしいつけ麺なんだと教えてくれました。とにかく麺もつけ汁もこだわり方が半端じゃありません。麺は小麦とライ麦の全粒粉を使っているそうですが、この食感がなんともたまりません。歯ごたえのおいしさと言いますか、他では味わえないものです。そしてつけ汁は魚介類(肉系じゃないところがこれまたいいじゃないですか)をベースにして、もつをじっくりと煮込んだそうですが、これが絶品なんです。普通、つけ麺のつけ汁って少し濃いのでそれだけを飲むというのは難しいものがありますが、麺なしでもすすってしまうほどの味です。皆さんもきっと麺を食べ終わった後に残った汁が勿体ないと思うはずです。でもご心配なく。嬉しいことにお店の人にお願いすれば、ご飯か割りスープを入れて貰えます。つけ汁のうまさを二度味わえるというわけです。えしぇ蔵においしいつけ麺の基準を教えてくれたお店です。皆さんも是非お試し下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区平尾1-9-8
092-707-0068

幸心堂

えしぇ蔵 | 2017年9月2日

このサイトではラーメン屋の紹介が少ないとお気づきの方も多いでしょう。ラーメンというものはあまり健康的な食べ物というイメージがありませんよね。実際、食べることで得られるものはメリットよりデメリットの方が多いかもしれません。正直、えしぇ蔵も外食でラーメンはめったに食べません。だからこのサイトで紹介するラーメン屋さんは、健康面にも配慮しているお店か、もしくはそれを抜きにしても食べたいほど際立っておいしいかのどちらかです。だから登場するラーメン屋さんは是非にも多くの方に食べて頂きたい名店ばかりです。それで今回は大野城市で超人気店のこのお店です。いわゆる基本の博多豚骨ラーメンは試行錯誤の末の完成形って感じで何もいうことなしです。後味もしつこくなく、また食べたくなる余韻を残してくれます。ちょっと冒険したところで豚骨醤油ラーメンというのもありますが、これがまた絶品です。豚骨と醤油の組合せは、自分が一番だと思ってるスターを2人使って映画を作るようなもので、喧嘩しそうな2人をこっちをなだめ、あっちを褒め、となかなか作品にするのに大変な作業だと思います。それを見事に成し遂げています。2人で行かれるなら博多豚骨と豚骨醤油を頼んで食べ比べしてみて下さい。大将は某有名店で修行されたそうですが、えしぇ蔵としては師匠の味より断然こちらの方が好きです。場所が住宅街の中なので最初行く時はナビ必須です。お店の前に数台駐車場がありますが、そこが埋まってもすぐ近くに第2駐車場があります。お昼どきはかなり混みますのでそのつもりでどうぞ。近くの人ならリピーターになること間違いなしです。是非お試し下さい。
(えしぇ蔵)
大野城市若草1-4-4
092-595-0242

中華そば おさみ

えしぇ蔵 | 2017年8月19日

皆さん、うきは市は本当にいいお店が増える一方で、このままいくと素晴らしいグルメの街になると思いますので是非注目して下さい。そもそも自然に恵まれて野菜や果物など素材の質がいいのでそうなっていくのも当然かもしれません。その中でも絶対にはずさないで頂きたいのがこのお店です。とにかくスープを一口飲めばもう納得です。感動的にうまいです。鶏ガラベースでありながら魚介の風味もたくみに一体化して、素晴らしい調和を保っています。後味もすっきり。後で喉が渇く感じもありません。満足頂けることは保証します。坦々麺風の味噌そばや、汁のないまぜそばなどもあります。どれもはずれなし。麺だけではちょっと足りないという方には、味玉チャーシュー丼がオススメです。ミニ丼なんですがこれがまた絶品なんです。かなりお腹空かせた状態で行って、是非これも食べて下さい。店内に「游楽」と書かれたものがあるので何かな?と思いましたが、なんでも以前は那珂川町でその名前で営業されていたそうです。おそらくその頃のファンも尋ねて来られるのではないでしょうか。えしぇ蔵ももしこのお店がどこかに移転したら、追いかけて食べに行くと思います。これでまたうきは市に行った時に食べに行くお店の選択肢が増えて悩ましい限りです。
(えしぇ蔵)
うきは市吉井町1242-1-6
0943-75-2372

らぁめん シフク

えしぇ蔵 | 2016年4月2日

初めて知った時の第一印象は、「根性あるなぁ」でした。まず立地的に車で、あるいはぶらぶらと歩いて看板が目につくなんてことがまずあり得ない場所であること、そしてラーメン屋といえばそのほとんどが豚骨であるこの福岡で敢えて鶏のスープで勝負すること。本当にすごい根性だなぁと思いますね。しかも鶏のスープへのこだわりたるや徹底しています。実に素晴らしいと思います。スープは塩ラーメン風の清湯スープと、水炊き風の鶏白湯スープの2種類あります。しっかりコクもありながらあっさりした味わいで後口もすっきりです。全部飲めるスープです。そこに国産小麦の自家製のちじれ麺が入ります。これがまたいいんですね。食感が癖になります。人それぞれ味の基準は異なりますが、少なくともえしぇ蔵にはかなりのヒットであることは間違いありません。なかなかお気に入りのラーメン屋が増えないえしぇ蔵としては非常にありがたい存在です。末永い繁盛を祈るばかりです。是非是非皆さんもどうぞ。
(えしぇ蔵)
福岡市博多区榎田2-3-1
092-474-0090

ラーメンかなで食堂

えしぇ蔵 | 2015年4月10日

どの店がおいしいか、そうでないか、判断基準は人それぞれなので明確な線引きはできませんが、えしぇ蔵には”おいしいお店”という表現を使うために最低限クリアして欲しい基準があります。それは食べる人の健康に配慮しているかどうかです。個人的な意見ですがどうも福岡のラーメン屋さんでその基準をクリアしているお店は少ないように思います。だからラーメンのジャンルにおいて”おいしいお店”という表現を使うことは極めて少ないです。まるで身体に悪く作らないとラーメンとは言えないという基準があるかのように、日々失望の連続です。でもこのお店のような存在があるから希望を捨てるわけにはいかないのです。真の志のあるラーメン屋はやはり健康への配慮を忘れていません。このお店は麺の茹で方にまで配慮しています。麺の固さは選べますが、メニューの中に「固麺にすると消化に時間がかかるのでお年寄りやお子様にはおすすめしません」という意味の注意書きがあります。これがつまり作り手の優しさというものだと思います。適度な時間茹でる麺を勧めている点も同様です。こんなお店はオリジナリティにも優れているものです。まさに”創造された”という印象のメニューが並びます。個人的にはトマトを使ったちょっとイタリアン風の”とまとんこつ”が好きです。基本的に濃厚なのに後味すっきりなところはかなりの研究の成果ではないかと思います。とにかく全力でより健康に配慮したおいしいものを創造しようという意気込みが随所に感じられます。本当に素晴らしいお店です。豚骨ラーメンに絶望気味の方もここは是非お試し下さい。
(えしぇ蔵)
春日市須玖南1-182
092-558-8727

小久保屋

えしぇ蔵 | 2014年12月20日

日本中にいろんなラーメンがある中で、やはり我らが福岡のラーメンは豚骨だと、福岡県民からすれば自他ともに認めるところだと思いますが、えしぇ蔵としてはどうしてもこの福岡の豚骨ラーメンに対する失望をどうすることもできないという状況にあります。普段からいろんな豚骨ラーメンのお店を探索していますが、「お!これは!」と思うお店が1年に1店見つかるかどうかというペースです。とにかくどこも塩からいんです。化学調味料がきついんです。脂濃すぎるんです。後味が悪く喉が渇くんです。体質的に合わないのかなと思うこともあります。でもだからこそ貴重な「おいしい」と思える豚骨ラーメンのお店を紹介する意味があるのかなとも思います。このお店は匂いから味からしっかりと豚骨です。それなのにこのさっぱり感!スープがたっぷり飲めるんです。しみじみおいしいんです。そして後味すっきりで喉も渇きません。これぞまさしくえしぇ蔵が求める豚骨ラーメンです。その工程のどこに他との違いがあるのかはわかりませんが、確実にそしていい意味で異色の存在です。場所的にえしぇ蔵の自宅の近くということもあり、当然ながら御用達の一つとしています。高宮駅からすぐです。皆さんもお試しを。豚骨ラーメンが苦手な人も是非一度。
(えしぇ蔵)
福岡市南区野間1-1-2
092-562-8585

らーめん屋 たつし

えしぇ蔵 | 2014年6月20日

このお店のラーメンを食べた瞬間に一番に感じたのは”情熱”でした。おいしさよりも先でした。こんなわかりやすいことがあるのかと思いました。作り手が精魂込めて作り上げたというのがその味からストレートに感じることができました。本当に驚きました。料理には必ず作り手の誠意、熱意、苦労、努力、思いやり、そういったものが作り手が意図しなくても表現されているものですが、ここまではっきりとわかったのは初めてでした。あぁこの味に至るまでにかなりの苦労をされたんだろうなとすぐにわかりました。そして恐ろしいまでの気合を感じました。実際に大将は独学で試行錯誤を繰り返して自分だけの味を作り上げたそうで、その賞賛すべき努力の成果は既に多くの人の指示を得ています。えしぇ蔵の個人的な好みで、それもえしぇ蔵が食べたことあるお店の中だけで評価するなら、ここは間違いなく他の二~三店とトップを争う存在です。絶対的に確立された個性と、深さと広がりを無限に感じる味は表現する的確な言葉が見つからないほどの素晴らしさがあります。おそらく大将はラーメン一杯を作ることを一つの芸術を生み出す感覚で取り組まれているのではないでしょうか?決して金のため、儲けのための仕事ではありません。スープも麺もいくつか種類がありますが、特筆すべきは竹炭を練り込んだ黒い麺です。これはもうラーメンの麺の域を超えています。これは是非お試しを。一度行けば必ずまた行きたくなるお店です。是非御用達にされてみてはいかがでしょうか?
(えしぇ蔵)
福岡市東区名島3-32-8
(電話非公開)

博多海豚や

えしぇ蔵 | 2013年12月20日

福岡に来た旅行客が一番食べてみたいと思う、福岡ならではのおいしいものとくればおそらくラーメンということになるでしょうね。ではその旅行客の皆さんはどの店のラーメンを食べて帰っているのでしょうか?またどういう感想を持って帰っているのでしょうか?どうもそこが不安で仕方ないのです。なぜかというと、今までさんざんいろんなラーメン屋に行きましたが、これぞというお店は極めて少なかったからです。ほとんどのお店が客を満腹にはしても、大なり小なり身体に悪影響を及ぼすものを食べさせているように思えて仕方ないのです。とにかく味が濃すぎ。塩分が高いのです。食べた後に必ず喉が渇く。後味が悪い。そういうお店ばかりです。旅行客の人たちがそういうのを食べているのではないかと心配してしまいます。せっかくの旅行でそんなもの食べさせられたら旅行も台無しです。必ず事前に調査して頂きたいと思うわけですが、例えばこのお店などはお勧めです。醤油豚骨なので味が濃いような気がしますが、さに非ず。あっさりしててでも濃くがあって、後味もいいです。サイドメニューもきちんとした仕事を感じます。ごはんもののメニューもなかなか充実してます。お値段ももちろん良心的。せっかく福岡に来たんだからラーメンを食べよう!という時には是非こういうお店に行って、「なるほど福岡のラーメンっておいしいんだなぁ」という感想を持って帰って欲しいなと切に願うわけです。
(えしぇ蔵)
大橋店
福岡市南区大橋2-12-12
092-552-7666
 
西新店
福岡市早良区西新1-11-16
092-822-8333

大黒商店

えしぇ蔵 | 2010年5月26日

どこか居酒屋あたりでお酒を飲んで酔っぱらったとします。そのお店を出た時にあなたが食べたくなるのは何ですか?ラーメン派?それともアイスクリーム派?えしぇ蔵はその時によって変わります。酔った時にラーメンとかアイスクリームが食べたくなるのは、身体が陰陽のバランスをとろうとしている証拠だと何かで読んだことがあります(真偽はわかりませんけど)。じゃぁ仮に親富孝通りあたりで飲んだとして、ラーメンが食べたくなったのであれば是非こちらのお店へどうぞ。こってこての豚骨があなたを待っています。こちらのラーメンはこってり派一手に引き受けます的な感じで、表面にもたっぷり背脂が浮いて上段に構えていますが、これが不思議に抵抗なく食べれてしまうんですね。見た目と食べた感じにえらくギャップがあります。一口食べると、「うまいうまい」と休憩せずに食べ進んでしまうものがあります。そして食後もそれほど引き摺りません。一体どんな工夫をされているのでしょうか?じっくり時間をかけて作られたスープには化学調味料を使ってないそうですが、そのへんに理由があるのかもしれません。こってり系が苦手とか、背脂が浮いてるのはダメ、とかいう人も試しに一度食べてみて下さい。それほどしつこく感じないはずです。お酒飲んだ後に限らず是非どうぞ。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区天神3-6-10
092-716-2199