モン・シュシュ

えしぇ蔵 | 2015年5月30日

昔ながらの作り方を守るというのも料理の魅力の一つですが、新たなアイディアを盛り込んでそれまでになかったものを生み出すのもまた料理の醍醐味です。お好み焼きというものは誰が作っても、誰もが想像するようなものが出てくると思っている人が多いと思いますが、このお店のお好み焼きはその予想を覆すものです。えしぇ蔵が初めて見た時、一瞬お誕生日ケーキがホールで運ばれてきたのかと思いました。それくらいの大きさと厚みがあるのです。いわばスポンジにあたる部分がビッシリつまったキャベツで、その上に小麦粉の生地の部分がいい感じにカリカリに焼かれて乗っています。それはそれは食べるのが惜しいほど芸術的な外観です。おそらく「こんなに食べられるだろうか」と思うほど大きいですが、ほとんどキャベツですから大丈夫です。満腹にはなりますが、罪悪感のない心地いい満腹感です。少しずつ崩しながら食べていくと真ん中あたりに玉子が入っています。それをまた崩しながら食べると味が変わるので飽きさせません。上のソースもしつこくなく、後味もいいです。なにしろキャベツの量がすごいので消化もいいです。個人的にこのお好み焼きなら毎日食べられます。店内は古い店舗をうまく利用した今時のカフェ風の作りで、女性には特に喜ばれると思います。雰囲気的にも一般のお好み焼き屋さんとは一線を画しています。お好み焼きが好きでないという人でも一度お試し下さい。ここならきっと気に入ってもらえるのではないかと思います。
(えしぇ蔵)
久留米市六ツ門町7-30
0942-30-8100

お好み焼き いのうえ 平尾店

えしぇ蔵 | 2014年11月17日

お好み焼きの話になるときまって大阪風が好きか、広島風が好きか、というのが争点になります。この2つは同じお好み焼きという範疇にはあってもかなり違ったものですので好みがはっきり分かれるのも仕方ありません。ではえしぇ蔵はどちらが好きかというと、この優柔不断な性格ですからどちらか片方に絞ることはできません。大阪風、広島風、それぞれに良さがあって好きなんです。”みんな違ってみんないい”んです。だからいつも思うのは、両方の特徴を兼ね備えたお好み焼きというものがどこかに存在しないのだろうか?ということです。そんな都合のいいものがあるわけないと諦めていましたが、いやいや世間は広いです。あるんですねこれが。このお店がまさにその両方の良さを持つお好み焼きを提供してくれるのです。もうあとは食べてもらうしかありませんが、一口食べれば「お、なるほど」と納得して頂けます。なんかちょっと得した気分になれます。お値段も安いですし、それにボリュームもすごいです。オプションでそばかうどんを入れることができますが、一玉入れるのはちょっと勇気がいります。えしぇ蔵は半玉で十分でした。しっかりと食べごたえがあります。5人も入ればいっぱいという感じの小さな小さなお店でおばちゃんが一所懸命焼いてくれます。非常に丁寧に作ってくれるので時間がかかります(30分近くみといた方がいいです)。時間の余裕のある時に行くか、もしくはあらかじめ電話で注文しておくことをお勧めします。お持ち帰りもできます。お好み焼きのお店はたくさんありますが、ちょっと異彩を放っています。皆さんも是非一度、この”お得”なお好み焼きをお試し下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区平尾3-9-3
092-406-2788

博多 八昌

えしぇ蔵 | 2009年6月30日

お好み焼きの本場広島には「八昌」というそれはそれは名店があるわけでして、広島風を語るには欠かせないほどの存在なのです。その名店がのれんわけしたお店が福岡にあるっていうのはこれはかなり嬉しいことでして、福岡に住む人は喜ぶべきことなのです。この「のれん分け」というパターンは実際あまり信用できるものでない場合が多く、「一体何習ってきたの?」みたいな、世話になった店の名を落とすようなのれん分けもあるわけですが、ここはしっかり「八昌」という看板の偉大さを受け継いでいます。たっぷり時間をかけて作り、黄身が2個入った玉子が食べる時にもまだとろとろ状態で、味も大きさもよく、コテでも切りやすくて、高度に確立された技術によって作られているという安心感を感じます。ホンモノの広島風お好み焼きのお店として是非記憶して頂きたい名店であります。
 
(えしぇ蔵)
 
早良区西新4-6-6
092-842-0008

お好み焼 あじさわ

えしぇ蔵 | 2009年6月30日

「シューポート」のみつださんのご紹介です。どうもみつださんはかなりここがお気に入りのようですが、その気持ちわかります。ここのお好み焼きはしっかりと関西風ですが、その中にこれまたしっかりとこのお店ならではのオリジナリティがあり、単に関西風と片付けれないものになってます。そうそう。いいお店はオリジナリティがあるってことも特徴よね。なんと言っても「ねぎ焼」!これですよ。人気メニューですが中にネギがたっぷりと卵が入ってましてうまいんですなこれが。食感のいい薄い生地も特徴です。あじさわ焼や山芋鉄板もいけますよ。福岡のお好み焼屋は広島風も関西風もおいしいところが少なすぎ~!こういうちゃんとしたお好み焼たべさせてくれるお店はみんなで大事にしましょう。
 
(えしぇ蔵)
 
早良区西新1-11-20
092-847-1407

たこ焼 たこらん

えしぇ蔵 | 2009年6月30日

なみさんのご紹介です。大阪の人が福岡に来て必ず言う言葉。「福岡においしいたこ焼きはない」何度も聞きました。そやろうか?と最初は思ってましたが、取材すればするほど「なるほどないな」という思いが強くなっていきます。ん~どっかないやろか?と思ってたとこに紹介がきたのがこちらです。ほんとにたくさんの人から推薦がありました。お店に行っておばちゃんの話すのを聞いて「なるほどここならうないやろう」と思いました。なぜならおばちゃんは大阪弁!!大阪の人が作る大阪のたこ焼きなわけです。食べてみて納得。なるほどこれが大阪のたこ焼きかと思いました。外カリカリ中とろとろアツアツ、ハフハフ言いながら食べます。中には当然ながらたこしか入ってません。そして1個がでっかいんです。6個入り(250円)というのがあるくらいですからわかるでしょ?最高15個入り(550円)まであります。できるならお店で食べてって下さいとのことです。。持って帰るとしなぁ~っとなっちゃうし、入れ物のパックのにおいがつくし、おばちゃんとしては不本意な味になってしまうからいやなんだそうです。おばちゃんのこだわりを感じますねぇ。そうそう、忘れてはいけないのがおばちゃんの人柄です。優しくて礼儀正しくて、焼いてる一生懸命な姿にお客さんへの誠意を感じます。なんかおばちゃんの大阪弁を聞いてると心が和みます。また行きたいと思わせてくれるんですねこれが。ここのたこ焼きにはたこだけじゃなく、おばちゃんの気持ちも入ってますよ。だからよそよりおいしいんでしょう。
 
(えしぇ蔵)
 
博多区堅粕4-5-11
092-481-8991

広島屋

えしぇ蔵 | 2009年6月30日

昔の1000円札の伊藤博文みたいなおじさんが広島弁で気さくにお客さんと話しながら一生懸命作ってます。ここの魅力の一つはこういう大将とお客さんの会話で作られるアットホームな雰囲気でしょう。もちろん味も保証付き。キャベツたっぷりでめっちゃヘルシー。そばかうどんを選びますがどちらも入らないっていうのもあります。でも入れないと男性にはちょっとボリューム不足かな。重たくなくて次の日にもまたいきたくなるおいしさです。メニューの方は番号で注文します。600円~1000円の範囲。そば(うどん)肉卵700円。ここで注意!大阪風と違って広島風は作るのに時間かかります。注文して30分以上かかるのは普通ですからね。慣れた人は電話で注文してから来店してます。定休日も何時までやってるかも大将の気分次第ということなので、いづれにしろ電話してから行くのが賢いですね。持ち帰りもできます。店内には小さいテーブルが3つありますが、できれば鉄板から直接食べるカウンターの方がいいでしょう。大将とも話せるし。
 
(えしぇ蔵)
 
糟屋郡篠栗町尾仲426-1
092-947-9801

お好み焼き 鈴凛

えしぇ蔵 | 2009年6月30日

15席ほどの小さなお店ですが、とても良いおみせです。味の方はもちろんのこと、店長さんや、従業員さんがとても感じの良い方です。肉玉にチーズのトッピングが人気だとか・・・・ 。あと、平日お昼のランチサービスは、お好み焼きor焼きそばに、ご飯&味噌汁&サラダ&小鉢が、+100円で文句なしです!また、月曜はお好み焼きが50円引き火曜日は生ビールが半額です。本日のおすすめでは、500円以内で店長自慢の腕を振るってもらえます。お好み焼きや焼きそば以外にも、サイドメニュー(?)が充実してます。特に、「もやしと青とうがらしのピリ辛炒め」は辛さが2倍、3倍と選べてお勧めですよ。
 
(Akiko)
 
城南区神松寺2-13-18
092-801-4644

ぼてじん 中洲店

えしぇ蔵 | 2009年6月30日

ちゃたろの中でお好み焼きNo.1のお店です。場所はキャナルシティから国体道路を渡ったところ。夜は飲み屋の客で一杯です。お持ち帰りOK。おすすめは車エビ焼きしかもぼてじん焼き(山芋入り)で。たしか1300円です。豪快に車エビ1匹味わえますよ♪ちょっと変わったところで牛スジ焼きなんてのもあります。スジなのに柔らかくておいしいですよぉ。大将元気かなぁ・・・
 
(ちゃたろ)
 
博多区上川端町3-3水車橋ビル1F
092-281-2280

お好み焼き 赤坂

えしぇ蔵 | 2009年6月30日

カウンターのみの和風な作りのお店です。ここのお好み焼きはお皿に盛らずに鉄板から直接食べます。つまり最後の最後まで熱々が食べられるってわけです。猫舌のわたしにはちょっと辛いけど、アッツアツってやっぱりおいしい!外はパリッ、なかはフワッのここのお好み焼き。特にお勧めは山芋たっぷりの「とろろお好み焼き」!それから、とろろだけで作ってある「とろろ焼き」と牛すじとコンニャクの入った「ねぎ焼き」!これはどちらも特製醤油が塗られています。ジューっと醤油の焼ける、香ばしいにおい・・・ああ、日本人に生れてよかった(涙)・・・しかし、なんで醤油ってお好み焼きにも合うと・・・?
 
(Molis)
 
西区福重3-12-20
092-881-7300