たらし屋吾助

えしぇ蔵 | 2018年4月7日

カフェブームも手伝って福岡には本当に多くのカフェが誕生しました。そのほとんどのお店でスィーツを楽しむことができますが、ここでちょっと贅沢をいわせてもらえば、和のスィーツを出してくれるお店がまだ少ないですね。やはり日本人ですから昔ながらの伝統的な甘味が恋しくなることはありますよね。持ち帰りのお店ならたくさんありますが、お店の中でお茶と一緒にゆっくり食べることができるお店がもっと欲しいところです。そこで紹介したいのがこのお店です。福岡の和のスィーツをじっくり楽しめるお店として光を放っています。主役はみたらしだんごです。これはもう絶品です。誰しも日本人なら一度はみたらしだんごを食べたことはあると思いますが、このお店ではその極みを体験できます。みたらしだんごは苦手という人は、しつこい甘さが原因ではないでしょうか?あまりに甘すぎて後口が悪い時がありますからね。このお店ではそのイメージを一度クリアにしてお楽しみ下さい。甘味の押し売りではなく、自然な甘みが楽しめます。他にぜんざいやあんみつもあります。飲み物は抹茶はもちろん、コーヒーもあります。本店は中央区舞鶴です。草香江にも店舗があります。もちろん、お土産にも最適です。素晴らしい和のスィーツの世界を是非体験して下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市南区高宮1-2-25
092-521-5857

ラ・ボンヌ・アドレス

えしぇ蔵 | 2018年2月25日

日本に海外の料理が入ってくると、ほとんどの場合日本独自のアレンジがなされて、オリジナルとは若干異なる方向へ進化していくというのはよくある話です。味覚にも国民性がありますから、どの国においても外国の味が徐々にその国の味に近いものになっていくというのはある程度仕方ないことだとは思いますが、日本の場合特にその進化のスピードが速く、幅が大きいように思います。そうやって進化を続けていく過程において、誰かがふと立ち止まって、原点に戻ってオリジナルを大事にしようではないかと考える人々が出てくるのもこれまたよくある話です。ケーキの世界もいつのまにやら日本のケーキは日本人の舌にあった独自のものとなっていますが、ヨーロッパ、特にフランスで長年育まれてきたあのオリジナルの味に戻ろうではないかという方針のお店もやはりあるわけです。これは個人的には大いに歓迎するところであります。こちらのお店の商品は「ケーキ」というより「フランス菓子」という表現の方がしっくりきます。甘味がしっかりとしているところにお店の主張を感じます。見た目も美しく、非常に細かい作業の結晶として出来上がった芸術品のようです。一品一品が完璧な仕事で生まれているという印象を受けます。食べる時の一口ごとの感動が全然違います。プロの仕事を味わってるという感じです。原点回帰の大切さを教えてくれます。えしぇ蔵個人的にもかなりお気に入りで、御用達ケーキ屋さんの一つにしています。皆さんも是非、本物の「フランス菓子」を味わって下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市南区塩原4-10-13
092-555-5635

長崎阿蘭陀珈琲館

えしぇ蔵 | 2018年1月26日

平尾から霊園の方角に登っていく坂道の途中に、蔦がからんでいい感じの古さを醸し出した洋館がありますが、それがこのお店です。もう外観だけで入ってみたくなるような魅力ある佇まいです。ここは老舗で既に福岡においては名店として長く認識されていますので、本来はもっと早くご紹介すべきだったんですが、遅くなって恐縮の思いです。店内は昭和の喫茶店の雰囲気ですがこれまたいい感じに古びてノスタルジックです。そして窓からの見晴らしが更に居心地良くさせてくれます。そして肝心のお料理ですが、ジャンルが多岐に渡ります。普通、そういうジャンルをまたぐお店というのは全てのジャンルがおいしいというケースは少ないですが、ここは見事に全てがオススメです。最も有名なのは長崎ちゃんぽんです。これは本当にハマリます。普通に注文すると洗面器のようなでかい器に入ってくるのでちょっとビビりますが、あっさりしたお味なので気付けば完食しています(小さいサイズのものもあります)。皿うどんもそれに負けずおいしいです。個人的には皿うどんをかなり推します。そして洋食メニューもまたどれも美味です。カツカレー、レモンステーキ、ヒレカツなどなど人気メニューばかりです。そして珈琲館ですからもちろんコーヒーもクオリティ高いです。食後にお忘れなく。ランチでもディナーでもコーヒータイムでも、デートでもファミリーでも商談でも、あらゆるシチュエーションで気軽に使えるお店です。まだご存知ない方は是非行ってみて下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市南区平和2-16-3
092-521-5829

えしぇ蔵 | 2017年12月15日

ジョギング中に街でふと見つけた蕎麦屋さんなんですが、このお店と出会えたことは我が家にとって非常に大きな衝撃であり喜びでした。ためらいなく絶賛させて頂きます。北海道の蕎麦の実を石臼で挽いて、つなぎを一切使わずに作っているそうで、蕎麦が持つ本来のおいしさと香りを十分に楽しませてくれます。蕎麦そのものに自信があるからでしょう、「まずは塩と山葵(これがまた本山葵を自分で擦って使うんです。最高ですね)だけで食べて下さい」と言われます。そうすると確かに蕎麦そのものをじっくり味わうことができます。普通の蕎麦の味ではこの食べ方に耐えられないと思います。蕎麦つゆもうす味で蕎麦の魅力を損なわず逆に引き立てるのでこちらもおいしいです。からっと揚った天ぷらも最高ですし、とろとろの蕎麦湯も言うことなしです。かつては三瀬にあったそうですが、(私事ながら)我が家から歩いて行ける場所に来てくれて本当に嬉しい限りです。旬の素材を使った前菜とセットになった「もりそばセット」がオススメです。三瀬鶏の天ぷらやそばがき鍋などもあります。お酒もありますので、まずはおつまみ頼んで少し飲んで、最後に香り豊かな蕎麦をすすって帰るなんて最高だと思います。是非是非、多くの人に足を運んでもらいたいです。
(えしぇ蔵)
福岡市南区野間4-3-33
092-553-1718

yakichi

えしぇ蔵 | 2017年7月15日

かつて大牟田に「フランチェスカ」というパン屋さんがありました。残念ながら閉店されましたが、姫もえしぇ蔵もここのパンが大好きで仕事で大牟田に行くたびに買ってました。駐車場もなく客が2人も入れば動きづらくなるような小さな小さなお店でしたが、ずらりと並ぶハード系パンはどれも味わい深く絶品でした。あんなお店が他にもないものかと思っていたところ、なんとご近所の大橋にあるではありませんか!なんともなんとも嬉しい限りです。こちらもやはり駐車場もない小さい小さいお店ですが、国産小麦を使ったハード系をメインに絶品のパンが並んでおります。これがもう本当にはずれなし!香りがよく味わい深いハード系には本当に魅了されます。あんぱん、クリームパン、クロワッサンなどのハード系以外のパンもまたお勧めです。これまた絶対に満足頂ける品質です。こういう小さいお店で夫婦二人で頑張ってるパン屋さんっていうのはいいお店が多いような気がします。削減したコストがパンにそそがれているのがわかります。腕だけではなくこういった真摯な取り組みというのはしっかりと客の気持ちをつかむものですね。皆さんも是非足をお運び下さい。車の方は路駐もできませんので近くのコインパーキングに止めてからどうぞ。電車の方は少し歩きますが大橋駅が便利です。
(えしぇ蔵)
福岡市南区大橋4-5-6

ブッダ

えしぇ蔵 | 2017年2月25日

外国の料理がその国の人によって作られているお店というのは非常に期待値が上がると同時に若干の不安があることも確かです。日本人が作るなら日本人の味覚に合わせたものになることが多いですが、それが度を越すともはやオリジナルの良さが失われていきます。一方でその国の人が作るなら本格的なんだろうと期待しますが、果たして本格的なものが日本人にとっておいしいと感じるものなのか?といくらか不安を感じてしまうと思います。でもだからといってあまりに日本人寄りにもしないで欲しいというところです。その落としどころが外国の料理のお店を運営していく上で難しい点だと思います。その点、絶妙なところをついてるのがこのお店です。ここはインド・ネパール料理を楽しむことができますが、オリジナリティはしっかり保ちつつ、かつ日本人も気軽に楽しめるものになっています。ここは福岡在住のインド・ネパール系の人々がよく利用していますが、それがこのお店の魅力を証明していることの一つではないかと思います。様々な種類のカレーがあることはもちろん、セットも充実しています。そして何よりコストパフォーマンスが素晴らしい。若い男性でも満足できるボリュームがありながらこのクオリティは貴重だと思います。一人でもふらっと入りやすい気軽なお店の雰囲気も特徴の一つです。日常的に使えるインド・ネパール料理のお店として是非ご利用下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市南区向野1-2-11
092-775-4007

クボカリー

えしぇ蔵 | 2016年11月19日

いつのまにか、そしてどういうわけか、福岡においしいカレーのお店がどんどん増えてきました。欧風、インド風、東南アジア風、いずれも絶品のカレーを出す名店があちこちに誕生して、カレーを福岡の名物的存在にしてもいいのでは?と個人的に思ったりもします。ただしどのお店も極めて小規模で頑張っているので、通りに面してわかりやすい場所にあるお店は少ないのが現状です。ですのでどなたか福岡のカレーの名店マップでも作ってもらえると、きっと重宝するのではないかなと思います。西鉄の高宮駅から歩いて行ける場所にあるこの「クボカリー」もそれらの名店の中に絶対に入れるべき存在です。家庭でも頻繁に登場するカレーなので、えしぇ蔵は家で作れそうなカレーを外で食べることはしない主義です。その点、こちらのカレーのスパイスの使い方なんて、どれだけ研究したのだろうかと感服せざるを得ない奥の深い味を出しており、とても再現なんて言葉は出て来ません。これぞプロの仕事だなと思います。これでこそお金を払う価値があるというものです。3種類のカレーを味わうことができるクボカリープレートは絶品でかつお得です(組み合わせるカレーの種類は日によって替ります)。昭和の日本を思い起させるノスタルジックな店内の雰囲気もまたいい感じです。是非、こあがりのちゃぶ台で家庭で再現不可能なカレーを味わってみて下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市南区大楠3-17-10
090-3416-4139

sou(ソウ)

えしぇ蔵 | 2016年10月21日

我が家のある高宮を中心とすれば、徒歩圏内においしいパン屋さんは結構あります。「モロパン」、「カイチ」、「コウブツ」、「ウーパン」・・・などなど。どれもそれぞれの特徴があって、それぞれにおいしいパンを提供してくれますが、そのどれでもない、独自の路線で存在感をアピールしているのがこのお店です。どこにも負けないようなおいしいハード系パンで勝負します!という意気込みが伝わってきそうなお店です。とにかくパンを食べて欲しい、パンで勝負してるから、というスタンスなのでしょうか店内はきわめてシンプルで、どちらかというと無機質な空間にただパンを並べているだけ
です。ガラス超しにご主人が作業している様子が見えますが、まるで下町の工場という感じで庶民的な雰囲気を出しています。店内を装飾せず、まさにむき出しの様子がパンに対する真剣な取り組みを感じさせて、期待感を大いにそそります。生み出されたパンの数々はこれぞまさに絶品です。ハード系パンが好きな方は必ずや魅了されることでしょう。味、香り、食感、とにかく素晴らしいです。パンとはもともとこういう香りでこういう味だったんだと改めて気付かされるその素朴さが何よりの特徴です。このお店を発見して以来、ワインを飲む時にはここでパンを買うことにしました。我が家の絶対的御用達です。あの感動を是非皆さんにも体感して欲しいです。ただ、お店の外観には目立つ看板が何もないのでご注意下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市南区大楠3-27-3
092-531-8011

林製菓

えしぇ蔵 | 2016年3月23日

本当の名前よりも通称の方が有名な商品ってたまにありますよね。あの麻紐を捩じったような形の固いお菓子のことを皆さんは何と呼んでますか?おそらく「よりより」だと思います。あれも本来は「麻花兒(まふぁーる)」という本名があります。えしぇ蔵がお店に買いに行った時に、「よりより下さい」と言うのもお店の人に失礼かなと思って、「これ2つ下さい」と言ったら、「よりより2つね」と言われて「え!」と言いそうになりました。「よりより」で全然いいんですね。このお菓子は中国の北京などで昔から食べられてるそうです。このお店の本社は長崎にあるので、長崎ならではの異国情緒のあるお菓子というイメージもあります。結構固いので最初食べた時はとまどいますが、この固さがまた癖になるんですね。実はえしぇ蔵の父親がこれの大ファンで、福岡に来るとよく買って帰ってました。「麻花兒(まふぁーる)」の他にもゴマクッキーのような「金銭餅(きんせんぴん)」やかぼちゃの種で作った「南瓜子(みなみうりこ)」、ピーナッツを使った「手作り豆平(まめひら)」など魅力的なお菓子がいろいろあります。手作りにこだわり、素朴な味を維持しようという努力がそれぞれの商品に見られます。皆さんもお茶の時間に是非どうぞ。
(えしぇ蔵)
福岡市南区警弥郷1-9-13
092-501-2559

きごころ

えしぇ蔵 | 2016年2月29日

緑茶と紅茶の違いは原料となる葉の種類が違うと思われがちですがそうではなく、製法が違います。緑茶の場合は火を入れて蒸して、そしてもんで作ります。だから火を入れた時点で発酵が止まりますが、紅茶は火を入れずに発酵させて作ります。というわけで同じ緑茶用の葉でも製法次第で紅茶にもなるということです。ではどんな紅茶になるのでしょう?日本茶用の葉で作るとマイルドな味になって、和菓子にもあう日本独自の紅茶になります。そんなにいいものならもっと市場に出て欲しいと思うところですがそれほど多くはありません。そこでお勧めするのがこの和紅茶を専門に扱う「きごころ」です。ここでは八女、静岡、嬉野など各地の和紅茶を集めて販売されています。ギフトセットもありますし、茶器なども販売されています。自宅で楽しむのはもちろん、贈り物には最高だと思います。お店は玉川町の日赤通り沿いにありますが、博多駅横のマルイにも出店されるそうですので、遠方からJRで福岡に来られる方もお土産に是非どうぞ。
(えしぇ蔵)
福岡市南区玉川町18-6
092-555-8020