たらし屋吾助

えしぇ蔵 | 2018年4月7日

カフェブームも手伝って福岡には本当に多くのカフェが誕生しました。そのほとんどのお店でスィーツを楽しむことができますが、ここでちょっと贅沢をいわせてもらえば、和のスィーツを出してくれるお店がまだ少ないですね。やはり日本人ですから昔ながらの伝統的な甘味が恋しくなることはありますよね。持ち帰りのお店ならたくさんありますが、お店の中でお茶と一緒にゆっくり食べることができるお店がもっと欲しいところです。そこで紹介したいのがこのお店です。福岡の和のスィーツをじっくり楽しめるお店として光を放っています。主役はみたらしだんごです。これはもう絶品です。誰しも日本人なら一度はみたらしだんごを食べたことはあると思いますが、このお店ではその極みを体験できます。みたらしだんごは苦手という人は、しつこい甘さが原因ではないでしょうか?あまりに甘すぎて後口が悪い時がありますからね。このお店ではそのイメージを一度クリアにしてお楽しみ下さい。甘味の押し売りではなく、自然な甘みが楽しめます。他にぜんざいやあんみつもあります。飲み物は抹茶はもちろん、コーヒーもあります。本店は中央区舞鶴です。草香江にも店舗があります。もちろん、お土産にも最適です。素晴らしい和のスィーツの世界を是非体験して下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市南区高宮1-2-25
092-521-5857

焼き鳥の軍ぞう

えしぇ蔵 | 2018年3月26日

えしぇ蔵は不動産の仕事の事務所を中央区大宮に置いておりますが、事務所の周辺には嬉しいことにおいしいお店がたくさんあります。このサイトに掲載しているお店が結構あります。その中でも事務所の3軒隣にあるこのお店は接待などで一番頻繁に利用しています。このお店の焼き鳥は、一般的な焼き鳥のお店と比べて何か決定的に違う特徴があるというわけではないのですが、とにかくその味では群を抜いています。楽しく会話しながら飲んでる時に焼き鳥を口に運ぶと、初めての人はちょっと会話が止まります。そして少し時間を置いて、「……おいしいねぇ」としみじみ言います。これは自分の予想を超えるおいしいものに出会った時の人間の素直な反応だと思います。このお店ではどの串を頼んでもほぼこのリアクションが期待できます。仕込みの段階で何やら秘策があるのか、ちょっと他では味わえないクオリティだと思います。それだけおいしいのだから高いのだろうと思うとこれまた意外。非常にリーズナブルです。店内はテーブル席とカウンターがありますが、それほど広いお店ではありません。それにこの味ですから非常に客が多いです。事前に予約することをお勧めします。飲み物にワインもありますので、ワイン好きな人は是非合わせてみて下さい。我が社の御用達焼き鳥屋に皆様も是非どうぞ。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区大宮1-7-21
050-5868-7233

本格四川料理 三鼎(サンテイ)

えしぇ蔵 | 2018年3月10日

お店の名前やキャッチフレーズに「本格」という言葉が入ると、「これが紛れもないホンモノだぞ」「本来の味をそのまま提供するぞ」みたいな印象を受けるので非常に期待するわけですが、このお店は見事にそれに応えてくれます。現地で四川料理を食べたことはないですが、ここなら味を通して海の向こうの四川料理の世界を体現できるような気がします。四川ですから確かに辛いです。しっかり辛いです。でもそれはこのお店の料理の魅力の一部に過ぎません。まず非常に味が繊細です。「多分、こういう手順で作ったんだろうな」という予想を全く受け付けません。意表をつくアイディアを見事に形にしていることも特筆すべき点です。そしてもはや芸術といえる盛り付けの美しさ。こういった点がプロ中のプロの仕事であることを証明しています。料理長は重慶にあるホテルで長年料理長をされていたそうです。腕はお墨付きというわけですね。まさに「本格」というべき絶品中華です。高価なメニューもあるので高級中華と思われそうですが、リーズナブルな価格のものもたくさんありますし、気軽に食べられるランチメニューもあります。皆さんも是非本格的絶品中華を味わって下さい。(ちなみに「三鼎」とは古代中国で使用された足が3つある器のことで、お店の入り口に置いてあります。)
(えしぇ蔵)
福岡市中央区天神4-5-13
050-5592-4935

ラ・ボンヌ・アドレス

えしぇ蔵 | 2018年2月25日

日本に海外の料理が入ってくると、ほとんどの場合日本独自のアレンジがなされて、オリジナルとは若干異なる方向へ進化していくというのはよくある話です。味覚にも国民性がありますから、どの国においても外国の味が徐々にその国の味に近いものになっていくというのはある程度仕方ないことだとは思いますが、日本の場合特にその進化のスピードが速く、幅が大きいように思います。そうやって進化を続けていく過程において、誰かがふと立ち止まって、原点に戻ってオリジナルを大事にしようではないかと考える人々が出てくるのもこれまたよくある話です。ケーキの世界もいつのまにやら日本のケーキは日本人の舌にあった独自のものとなっていますが、ヨーロッパ、特にフランスで長年育まれてきたあのオリジナルの味に戻ろうではないかという方針のお店もやはりあるわけです。これは個人的には大いに歓迎するところであります。こちらのお店の商品は「ケーキ」というより「フランス菓子」という表現の方がしっくりきます。甘味がしっかりとしているところにお店の主張を感じます。見た目も美しく、非常に細かい作業の結晶として出来上がった芸術品のようです。一品一品が完璧な仕事で生まれているという印象を受けます。食べる時の一口ごとの感動が全然違います。プロの仕事を味わってるという感じです。原点回帰の大切さを教えてくれます。えしぇ蔵個人的にもかなりお気に入りで、御用達ケーキ屋さんの一つにしています。皆さんも是非、本物の「フランス菓子」を味わって下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市南区塩原4-10-13
092-555-5635

いい日とん勝

えしぇ蔵 | 2018年2月10日

トンカツが大好きなえしぇ蔵なので今までいろんなお店で食べてきました。このサイトで紹介しているお店だけで食べればいつも満足できると思いますが、なにせいいお店というのは仕事中にちょっと寄るというのが難しい場所にあったりして、ついチェーン店やそこそこのお店で妥協してしまいがちです。それが繰り返されるとだんだん妥協してる水準に慣れてきて特に不満を覚えなくなります。そんな日が続く中、初めてこのお店で食べた時にはまたかつての”いいお店”の水準を思い出しました。それもかなりの衝撃を伴って。このお店のトンカツは個人的感想で言えば圧倒的においしいです。ちょっとビックリするくらい。余計なことにこだわらず、とにかくトンカツの品質を少しでも上げることに全力投球しているのがよくわかります。肉質の素晴らしさ、そしてその素材の良さを最大限に引き出す揚げ方、本当に”完璧”という表現を使っていいかもしれません。かつて食べに行ってがっかりさせられたトンカツのお店は山ほどありますが、それらのお店の人にこれを食べさせたらどう思うだろうか?と考えてしまいました。ショックで廃業するのではないかと。本当に素晴らしい仕事をされています。ごはん、味噌汁、キャベツお替り自由はお約束ですが、とにかくトンカツがうまいのでそれらもついお替りすることになり、食べ過ぎるのは間違いありません。覚悟して行って下さい。こじんまりした店内はお洒落で落ち着いた和の雰囲気で、かつ肩のこらない居心地良さを演出しています。接客も申し分なし。おそらくこのお店に来た人はよほど遠方からでない限りは再訪されることは間違いないと思います。この文章でえしぇ蔵なりに絶賛しているつもりですが、どうもまだまだ絶賛しきれていない感じがします。あとは皆さんがお店で確認して下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区平尾5-4-7
092-522-9593

長崎阿蘭陀珈琲館

えしぇ蔵 | 2018年1月26日

平尾から霊園の方角に登っていく坂道の途中に、蔦がからんでいい感じの古さを醸し出した洋館がありますが、それがこのお店です。もう外観だけで入ってみたくなるような魅力ある佇まいです。ここは老舗で既に福岡においては名店として長く認識されていますので、本来はもっと早くご紹介すべきだったんですが、遅くなって恐縮の思いです。店内は昭和の喫茶店の雰囲気ですがこれまたいい感じに古びてノスタルジックです。そして窓からの見晴らしが更に居心地良くさせてくれます。そして肝心のお料理ですが、ジャンルが多岐に渡ります。普通、そういうジャンルをまたぐお店というのは全てのジャンルがおいしいというケースは少ないですが、ここは見事に全てがオススメです。最も有名なのは長崎ちゃんぽんです。これは本当にハマリます。普通に注文すると洗面器のようなでかい器に入ってくるのでちょっとビビりますが、あっさりしたお味なので気付けば完食しています(小さいサイズのものもあります)。皿うどんもそれに負けずおいしいです。個人的には皿うどんをかなり推します。そして洋食メニューもまたどれも美味です。カツカレー、レモンステーキ、ヒレカツなどなど人気メニューばかりです。そして珈琲館ですからもちろんコーヒーもクオリティ高いです。食後にお忘れなく。ランチでもディナーでもコーヒータイムでも、デートでもファミリーでも商談でも、あらゆるシチュエーションで気軽に使えるお店です。まだご存知ない方は是非行ってみて下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市南区平和2-16-3
092-521-5829

SANA(サナ)

えしぇ蔵 | 2018年1月12日

ナチュラル志向という言葉をよく聞くようになりました。どの分野でもそうかもしれませんが、結局行きつくところ自然体というのが一番いいということになるのでしょうか?ありのままの良さを再認識すべき時代になったということかもしれません。ではパンの世界においてそれを実践するならどういうことになるのでしょうか?やはり天然酵母を使い、無添加で作るということになると思います。そういうお店が福岡でも見受けられるようになったのは嬉しい限りです。糸島にあるこのお店はナチュラル志向を見事に形にしています。添加物も卵も油脂も使わず、天然酵母でじっくり丁寧に作られています。小麦粉を糸島産のものを使うというのもいいですね。これぞまさに自然体ですね。結局、テクノロジーのかけらもないような大昔にパンを作ろうとすればそうなるというのがこのお店の形ではないかなと思います。つまり本当にいいものというのは時代を超えるということですね。お値段も安く、一つの大きさが手頃なので買いやすく、いろんな味を楽しむことができます。以前は東京の三鷹にあったそうですが、そこでも人気店だったそうです。ようこそ福岡へと言いたいです。パンはもちろん、お店の造り、お店としての姿勢、全てが自然体の名店です。是非皆さんもお試し下さい。
(えしぇ蔵)
糸島市二丈深江555-2
092-325-0010

糸島ナチュラルチーズ製造所 TAK(タック)

えしぇ蔵 | 2018年1月1日

糸島といえば食材の宝庫というイメージがあります。様々な地形が混在するせいか、ありとあらゆる食材の質が非常に高いです。その中には牛乳も含まれます。「伊都物語」は高品質で有名ですから糸島の乳牛の質を推し量ることができます。牛乳がおいしいとなれば、それを材料とするものもおいしくなるわけで、こちらのお店ではチーズでそれを形にしています。お店で作ってそのまま売るというまさに手作りの理想形。しかもオーナーさんはデンマークでチーズ作りを修行されたという筋金入りです。ナチュラルチーズというのは生乳などを乳酸菌や凝乳酵素で凝固させたもので、プロセスチーズと違って火が入らないので乳酸菌は生きてます。つまりこれこそ本来のチーズということになります。味の深み、そして新鮮さは本当に素晴らしいとしか言えません。熟成タイプでは「コハク」、フレッシュタイプでは「ラクハク」など、いくつか種類もありますが、店頭で試食させてもらえるので自分の好みで選ぶことができます。食材のホンモノを探すとすれば、チーズのホンモノはここにあります。皆さんも是非お試し下さい。ちなみに「TAK」というのはデンマーク語で「感謝」を意味するそうです。そのことに関連してオーナーさんの熱い思いがホームページで語られていますのでこちらも是非ご覧下さい。こういう心境の人だからこそあれだけの仕事ができるんだと納得しました。
https://www.itoshima-cheese-tak.com/
(えしぇ蔵)
糸島市志摩岐志 63-10
092-328-1076

えしぇ蔵 | 2017年12月15日

ジョギング中に街でふと見つけた蕎麦屋さんなんですが、このお店と出会えたことは我が家にとって非常に大きな衝撃であり喜びでした。ためらいなく絶賛させて頂きます。北海道の蕎麦の実を石臼で挽いて、つなぎを一切使わずに作っているそうで、蕎麦が持つ本来のおいしさと香りを十分に楽しませてくれます。蕎麦そのものに自信があるからでしょう、「まずは塩と山葵(これがまた本山葵を自分で擦って使うんです。最高ですね)だけで食べて下さい」と言われます。そうすると確かに蕎麦そのものをじっくり味わうことができます。普通の蕎麦の味ではこの食べ方に耐えられないと思います。蕎麦つゆもうす味で蕎麦の魅力を損なわず逆に引き立てるのでこちらもおいしいです。からっと揚った天ぷらも最高ですし、とろとろの蕎麦湯も言うことなしです。かつては三瀬にあったそうですが、(私事ながら)我が家から歩いて行ける場所に来てくれて本当に嬉しい限りです。旬の素材を使った前菜とセットになった「もりそばセット」がオススメです。三瀬鶏の天ぷらやそばがき鍋などもあります。お酒もありますので、まずはおつまみ頼んで少し飲んで、最後に香り豊かな蕎麦をすすって帰るなんて最高だと思います。是非是非、多くの人に足を運んでもらいたいです。
(えしぇ蔵)
福岡市南区野間4-3-33
092-553-1718

ドゥワンチャン

えしぇ蔵 | 2017年12月1日

今や日本にいながらあらゆる国の料理を楽しむことができますが、ある異国料理のお店でその国の料理を初めて食べた時の印象は、そのままその国の料理の印象になってしまうのは自然の成り行きだと思います。例えば初めて行ったスペイン料理のお店がひどくまずかったら、スペイン料理は苦手ということになりがちです。だから異国料理のお店選びは慎重になるべきです。もし今回紹介するこのお店で初めてタイ料理を食べたとしたら、タイ料理ってなんて素晴らしいんだろうという印象が残ることは間違いありません。それぐらい感動的においしいタイ料理を楽しむことができます。まずはとにかくカレー。何はなくともカレーをお試し下さい。グリーンカレーもいいですが、レッドカレーがまた素晴らしいです。もうそれだけで再訪決定です。まるでタイの食の魅力を凝縮したかのような味です。他にはトムヤムクンや空芯菜炒め、ガパオライス、ソンタムなどの定番タイ料理が揃っています。福岡にはタイ料理のお店はいくつもありますが、ここは絶対に外さないで頂きたいです。味とともに特筆すべきなのはロケーションです。目の前はすぐに砂浜です。バルコニーで食事すればなんともリゾート気分満開です。糸島の自然を楽しみながら、糸島の素材(魚、野菜、そして自家製のハーブなど)で作られた極上のタイ料理を楽しむなんて最高ですよ。糸島にドライブに行く時は是非お試し下さい。
(えしぇ蔵)
糸島市二丈深江2129-18
092-325-3986