パン ドゥ ジュール

えしぇ蔵 | 2017年6月15日

パンは昔から世界中の国々で作られ、その国に合わせた特徴を持っていますが、このパンの可能性を大いに広げて、バラエティのあるより魅力的なものにしたのはフランスではないかと個人的には思います。今、パン屋さんに行けばいろんなパンを楽しむことができますが、それはフランスの存在がかなり影響しているのではないでしょうか。だからパンの修行のためにフランスに行った人はパン文化の発展の地で学んだわけで、その会得するものは技術のみならずかなり大きなものがあるのではないでしょうか。那珂川町にあるこの小さなお店のオーナーは、”ブーランジェリー・オブ・ザ・イヤーパリ”を受賞した、今やパリで一番人気とまで言われる「メゾン・ランドゥメンヌ」(東京にも出店しています)で修行されたそうです。持ち帰ったものは技術や知識だけではなく、気概、文化、伝統、嗜好、感性・・・いろいろあると思います。そういったものがやはりパンに反映されているようでその品質は驚くばかりです。九州の地方都市でそれが味わえるというのは考えてみると非常にありがたい話です。ハード系のパン、特に基本のバゲットの素晴らしさは必ず堪能して頂きたいです。おそらくヨーロッパの方が食べても納得する味なのではないでしょうか。本場仕込みのグローバルな味と食感を皆さんも是非どうぞ。
(えしぇ蔵)
筑紫郡那珂川町中原2-52-7
092-952-0888

フランス菓子チクシヤ

えしぇ蔵 | 2014年4月5日

ケーキ屋さんのショーケースには様々なケーキが並んでいますが、そのほとんどはフランスを筆頭にヨーロッパにその発祥を遡るものがほとんどだとおもいます。ですが日本で売られているケーキは日本人の好みにあうようにアレンジされているものが多いです。そもそも大正時代に不二家の創設者の藤井林右衛門がスポンジケーキにホイップクリームをのせてその上にイチゴをちょこんとのせた「ショートケーキ」を販売して日本のケーキの歴史が始まった時点から、既に日本人にあうようにとアレンジされていました(ちなみに日本では「ショートケーキ」といえばこのイチゴがのったものを連想してしまいがちですが、これは日本だけです)。だから皆さんが普通食べているのは名前は横文字でももはや日本のケーキの味なのです。ところがごくたまにオリジナルの味に忠実なお店もありまして、その一つがこのお店です。おそらくそういう意図から店名も「ケーキ」ではなく、「フランス菓子」としているのではないかと思います。このお店のケーキは、海外旅行先でケーキを食べた時のちょっとした驚きと同じものを感じます。日本人に媚びていない味とでも言いましょうか。正直、「お!すごい!」と思いました。甘い部分はしっかり甘い、アルコールを効かせるところはしっかり効いている、味のメリハリがあるケーキです。そして同時にヨーロッパの貴族の歴史を連想するような優雅さ、品性を感じます。日本において万人受けとはいかないかもしれませんが、はまる人は果てしなくはまると思います。こういう確乎とした信念のもとに個性を大事にするお店は大好きです。皆さんも是非海外旅行に行った気分で味わってみて下さい。
(えしぇ蔵)
筑紫郡那珂川町中原4-42-2
092-953-2322

Sabzi(サブジー)

えしぇ蔵 | 2011年4月9日

南区の大橋周辺には「ハグルカフェ」、「エルヘルメス」、「かぼちゃ家」など、なぜかカレーのおいしいお店が集中しています。那珂川町に住むえしぇ蔵としてはおいしいカレーが食べたくなると大橋まで出向いていました。ところが我が那珂川町にもいい店があることを発見してからはそちらも御用達になりました。それがこの「Sabzi(サブジー)」です。ただ、ここは那珂川町のいわゆるメインの通りに面していないので注意が必要です。隠れた名店として静かに存在しています。このお店の特徴としては、様々なスパイスを駆使してじっくりと手間隙かけて作られたカレーのおいしさはもちろんですが、何よりコストパフォーマンスがかなり素晴しいことを強調せずにはいられません。ランチに行っても夜に行ってもちょっと驚く安さです。セットを頼むとそのお得感を存分に味わえますが、えしぇ蔵などはカレーの単品でも十分満足できます。カレーやシチューなどの料理はレトルトにして製品化できるという強みがありますが、こちらのお店でも販売されています。お店で食べて、帰りにそれを買って次は自宅で再現というのもいいかもしれません。ログハウスのように木がふんだんに使われた広い店内も居心地がよく、カレーだけさっと食べて帰る気にはなれません。時間がある時にゆっくり食べに来ることをお勧めします。那珂川町の隠れた名店をどうぞお見逃しなく。
(えしぇ蔵)
筑紫郡那珂川町片縄1-175
092-954-1120

源じい

えしぇ蔵 | 2009年10月1日

ハンバーグという食べものは製法もそれほど難しいものではなく誰でもすぐに作れて、肉にさえこだわれば誰が作ってもそこそこにうまくなるものです。家庭でもすぐに再現できるものを敢えてお店で食べてもらうからには家庭で再現できないものでないと、そこは料理人のプライドが許さないと思います。まともな店ならね。(家庭で簡単に作ったような味でお金をとって平気な店も多々あります。)食べてみて、あれ?この生地何が入ってるんだろう?どうしたらこんな食感になるんだろう?どうしたらこんな香りが出せるんだろう?と食べる人に手の内を覚られないのがプロではないでしょうか?長い前置きですが、是非この源じいのハンバーグを食べて下さい。おぉなるほどこれがプロのハンバーグかと思います。超ベテランの風格漂うシェフがプライドを賭けて作っています。実に見事な出来栄えです。
(えしぇ蔵)
筑紫郡那珂川町中原4-42-2
092-954-1025

NANA CAFE

えしぇ蔵 | 2009年7月9日

もともとはユダヤの人々のパンで、今ではニューヨークでもおなじみのベーグル。日本でもファンが多く、某デパートにも有名なショップが常設されています。でもどこもいまひとつ大量生産の味なんだなぁ・・と思っていたところに、ここのベーグルに出会い、すっかりはまりました。ベーグルファンは絶対に、ファンでなくてもベーグルってこんなに美味しいんだ~と思うでしょう。ぷっくりと大きめのベーグルは丁寧に作られた優しさと素材の上質さが感じられます。博多南駅でも買えますが、時間があるときは本店がお勧めです。大きな囲炉裏を囲むテーブル席で、目の前に広がる田んぼを見ながら、冬には薪の燃える香りに包まれて、いただくベーグルとお茶は至福の時。ランチは手作りのスモークチーズやハムをはさんだサンドが数種類あり、コンデンスミルクの甘みがやさしいベトナムコーヒーや珍しい蓮のお茶にもよく合います。オーナーの萬さんのお人柄がまた素敵。ベトナムによく行かれるそうで、Nanaオリジナルの器を現地のバンチャン焼きで作ってもらったそうです。ベーグルは一度に作る数が限られているので予約したほうがいいでしょう。特に火曜限定の大麦若葉・豆乳入りの”栗”は絶品です。
http:///www.nanacafe.net
 
(ぼぅ)
 
筑紫郡那珂川町山田1167-4
092-953-3477

旬彩 木の芽

えしぇ蔵 | 2009年7月7日

おいしい和食のお店を見つけるたびに、日本人に生まれてよかったなぁと思います。日本人って現代はともかく、かつては食事の中に雅趣を求めた民族でありまして、食を通して季節の移り変わりを感じたりして非常に風流だったわけです。それを現代において体験しようとすると非常に高くつくのはなんでよ!という不満を常に抱いておるえしぇ蔵です。こちらのお店のように非常にお手軽な値段でおいしい和食が食べれて、雰囲気を大事にするところはちょっと得難い存在です。だからみんなで大事にしないといけないのですよ。お昼の膳はなんと800円からあります。嬉し・・・。最高でも2,500円。夜の膳は1,575円から。懐石もなんと3,150円からあります。仕出し弁当も1,050円からあるなんてこれまた嬉し・・・。メニューに書いてあります。「こころこまやかに。雅趣ひときわの おもてなし」いい言葉だなぁ。
 
(えしぇ蔵)
 
筑紫郡那珂川町片縄北4-16-5
092-953-3430

和膳 國武

えしぇ蔵 | 2009年7月7日

ちょっと小奇麗な料亭でおいしい日本料理を食べたいと思うことは日本人なら誰でもありますよね?でもそういうお店はすごい高いからちょっと行きにくいなと思ってる方も多いはず。実際そうですからね。でも見つけましたよ。安くても美味しくて綺麗な料亭が那珂川にあったんですよ。えしぇ蔵もこのお店を見つけた時は嬉しかったですね。きれいな店内のデザインは非常に和を意識したもので、かつゆったりとくつろげる雰囲気があります。そして出てくる料理のおいしいこと・・・非常に丁寧で心のこもった技には脱帽です。そんな店なのにお値段が超良心的。お昼は1050円のランチからありますし、夜も2500円のコースからあります。本当に大丈夫と?って聞きたくなるくらい良心的なお値段。雰囲気的に接待にも使えるし、宴会にもOK、家族で行っても大丈夫、デートにも最適です。非常に使えるお店です。知ってて損はないというか、是非知ってて下さい。こういう良心的な商売をするお店にワシら客は応えてあげようではありませんか!
 
(えしぇ蔵)
 
筑紫郡那珂川町片縄北3-11-21
092-954-3667

旬彩天ぷら たけうち

えしぇ蔵 | 2009年7月7日

えしぇ蔵が天ぷらを好きな理由の一つは、季節感を味わえることです。旬のネタをおいしさそのままにさっと揚げて包み込んでしまう。それをアツアツのうちに食べる。素材の味はちゃんと残ってる。それがたまらんのですね。だからおいしい天ぷらと聞くとすぐ行きます。だいたいおいしくない天ぷらの店っていうのは年中ネタが同じです。全体の1割くらいしか季節でネタを変えたりしません。そういう店には行かないようにしてます。行った時の季節によって出てくる天ぷらのネタががらっと変わってる。それがおいしい天ぷらの店ですね。こちらはお店もきれいで旬のネタも新鮮!天ぷら定食はもちろんありますが、特にオススメは一口コース。ネタが小さい天ぷらがいくつも出てきます。それに沖縄のパウダー塩をつけて食べる。マイウー!このパウダー塩ってのがまたいいじゃないですか。それに小鉢やら刺身やらサラダやら茶碗むしやらじゃんじゃん出てきて、しめは天丼か天茶漬けを選べます。それにお漬物と味噌汁がつきます。とどめに口なおしのデザートまで出て1980円!これは超!リーズナブルだと思います。女性なら多分、もう動け~ん・・・ってなります。那珂川に住む人はここは絶対知っておくべきですよ。
 
(えしぇ蔵)
 
筑紫郡那珂川町今光6-64
092-953-1699

パラティーノ

えしぇ蔵 | 2009年7月6日

ここは自分で見つけました。うしし。那珂川にお客さんがいて毎週行くのでいつもお昼どこにしようかとあちこち探すんですが、ここはJR博多南駅のすぐ近くにあって、お昼時にOLが行列してたので、「これはいける!」と思って入りました。これポイントですよ、お昼にOLの順番待ち。女性の方が味にこだわりますし、ましてお昼休みあんまり時間ないのに並んでまで食べようというんだからうまいはずですよ。お店に入ってみたらワシ以外全員女性。ハーレム状態?迷わず頼んだランチ830円。サラダ、パスタ、ミニピザかガーリックトースト、ドリンク、ドルチェと出ますが、まぁ~どれもうまいこと!パスタ食べてこりゃいい!と思い、パイ生地でサクサクの軽い食感のミニピザ食べてさらにこりゃいい!と思い、最後のドルチェでまたこりゃいい!と、何度も確信しました。なるほどねー、OL並ぶはずだと思いました。接客も丁寧でかつテキパキしてて、見てて気持ちいいですし、店内は清潔でおしゃれです。夜はコースが2500円からあります。特に那珂川の方はおさえておくべきお店ですよ。
 
(えしぇ蔵)
 
筑紫郡那珂川町中原3-127
092-954-0010

肉のくまもと屋

えしぇ蔵 | 2009年7月4日

えしぇ蔵クッキングなるものをやっておりまして時々料理をやるんですがいかんせん腕がなかなか上がりません。そこでどうにかしてうまく作ろうということでなるべくいい素材を使うようにしています。やっぱり同じ玉子を使うにしてもスーパーの玉子と「佐賀・天地農場」のみつせもんさんの玉子じゃ比べものになりませんからね。いいものを使うとそれだけでだいぶアドバンテージが稼げます。そういうわけで一応、この素材はここで買うというのをある程度決めていますが、牛肉・豚肉ということになると、もし時間的に余裕があれば那珂川まで行ってこのお店で買います。ここは料理好きな人の間では有名です。料理教室の先生でもここを御用達にされてる方がいます。お肉の質の違いは買って使って頂かないとわかりませんが、”料理が好きな人、料理を教えている人が買いに行く”ということでその実力は推して知るべしです。人気のトントロを筆頭にどれも素晴らしい品質を誇っています。是非お宅のお肉料理の際の御用達にして下さい。
 
(えしぇ蔵)
 
筑紫郡那珂川町片縄北3-12-5
092-952-2555