桂林米粉 山水家

Posted By on 2017年9月18日

中国の桂林といえば誰しも深山幽谷の山水画を連想するのではないでしょうか?非常に景色の美しいところで有名です。その桂林を代表する食べ物が桂林米粉です。米の粉で作った麺(ビーフン)は、なんと秦の始皇帝の時代にここで誕生したとのことです。桂林ではお店が約3000店もあるそうで、まさに地元の人のソウルフードになっています。その桂林米粉を福岡で食べることができます。西新にあるこのお店ではスープがある米粉とない米粉、それに炒めた米粉やチャンポンにしたものなどが食べられます。とにかく米粉の食感が独特で、ここでしか味わえないおいしさです。ホームページにはこう記載されています「桂林で300年の歴史がある米粉店・廖(りょう)家の指導で麺とタレを完成。原材料は全て日本で調達し、独自の製法で麺からトッピングの品々を作りました」。本場の味を再現しようという意気込みが感じられますね。米粉以外の一般的な中華のメニューも豊富で、しかも非常にリーズナブルな価格になっています。店内もきれいで清潔です。西新商店街の中にあって、カフェのように気軽に入れる雰囲気なのも好印象です。ここで桂林米粉を食べて、遠い桂林の風光明媚な景色に想いを馳せるのもいいかもしれません。

(えしぇ蔵)

福岡市早良区西新4-8-36
092-852-2788


Comments

Leave a Reply