次回更新は7月5日の予定です。
パソコン出張修理 1回7,000円
福岡ESEグルメ えしぇ蔵日記 えしぇ蔵日記ブログ版 えしぇ姫日記 ぽごしっぽよ
えしぇ蔵小説集 蔵書 文学シマセウ 名文集 美しき日本語 きゃりー写真集
今週の新規紹介 「小笹飯店」
この街ならこのお店、という地元を代表するお店というのがどこにもありますよね。そういう地位は長年にわたって多くの地元のファンに親しまれ愛されないと築けません。かつて昭和の頃に日本人の食欲を満たした定食屋は、他のジャンルより利用される回数が多いのもあって、そうやって地元に根付いていたものでした。そういう定食屋が今も残っているとすれば、これはみんなで守らないといけないでしょう。なにしろ日本の働く人々を支え、社会の成長に大いに貢献してくれたわけですからね。例えば小笹といえば?誰しも小笹飯店を連想するのではないでしょうか?お店の中も外も本当に昔ながらの定食屋そのもの。そこでいろんな定食が楽しめますが、中でも断トツ人気は”とり肉の味噌炒め定食”。これがこのお店を地元に限らず福岡でも有名な店にしたのではないでしょうか?もう正直たまりません。揚げた鶏の胸肉を味噌を使ったソースをからめて野菜と一緒に甘からく炒めてあります。もう本当に絶品です。これが山盛りのごはんとスープ、たくあんと一緒に出てきます。昔の定食屋そのままにしっかりとしたボリュームですが、小食の方は注文するときに言えばご飯を少なくしてもらえます。他のメニューもどれもおいしそうなので迷うのですが、次々に来るお客さんのほとんどがこの”とりみそ”を頼んでいます。お昼時はかなり待ちますので時間に余裕のある時にどうぞ。皆さんも是非!絶品”とりみそ”をお楽しみ下さい。

福岡市中央区小笹3-10-25
092-521-3176

今週の作品 伊藤整 「火の鳥」
伊藤整は詩や小説だけでなく、文芸評論においても大きな足跡を残した人です。作家やその作品の本質を鋭くとらえることにおいては、非凡なる才能を持っていたといっていいと思います。本質を鋭くとらえるという意味では、女性の心理においても同じことが言えると思います。1954年に婦人公論に連載されたエッセイをまとめた「女性に関する十二章」はベストセラーになります。男性でありながら女性の心理をとらえることができるというのは、偉大なる作家でもなかなか難しいものがあります。伊藤整はそれを見事にやってのけたわけですが、その顕著な例はこの作品において見ることができます。主人公は類稀な美貌を持ったハーフの女性です。まわりが少し距離をおくほどの美しさが彼女の最大の武器で、そのことを彼女自身はっきりと自覚しており、自らの武器を有効に活用して生きていくという話です。主人公の内面の悩みや、それを克服していく強さ、一人よがり的なプラス思考、したたかな思惑、狡猾な逃避、臨機応変な追従……そういうものを女性の立場になって実に見事に描いています。作家の名前を知らずに読めば女性が書いたものと思う人は多いはずです。それほど卓越した心理描写です。主人公は美貌を生かして学生時代に演劇の世界に足を踏み入れたことからその道に進み、舞台では花形となりやがて映画にも出演します。自信家の彼女は外部にはわがままとしか映らないプラス思考で常に前進します。様々なトラブルやゴシップが彼女のゆく手を阻みますが、たくましい彼女は女性の武器である涙やその場だけの愛情で切り抜けます。きっと芸能界にはたくさんこういう女優がいるのではないかと思います。またこれくらい強くないと生き残れない世界ではあると思います。したたかに生きる美貌の女優の生涯、伊藤整でないと書けなかった傑作だと思います。
・えしぇ蔵にメールする ・ESEグルメール バックナンバー 
 メールマガジン「ESEグルメール」 登録フォーム 
メール
メール
エコステーション福岡ソワニエ 

Copyright (C) 2018 Fukuoka ESE Gourmet All Rights Reserved.