次回更新は11月8日の予定です。
パソコン出張修理 1回7,000円
福岡ESEグルメ えしぇ蔵日記 えしぇ蔵日記ブログ版 えしぇ姫日記 ぽごしっぽよ
えしぇ蔵小説集 蔵書 文学シマセウ 名文集 美しき日本語 きゃりー写真集
今週の新規紹介 「オー・ド・ブーシュ」
以前は荒江にあったお店で、デニッシュがうまいことで有名でした。このサイトでも紹介してましたが、閉店して残念だと思っていたところ、古賀で再開したという噂を聞きつけ探しあてました。古賀市美明の新しい住宅街の一角に、普通の民家にまじってひっそりとありました。本当に一軒家の小さい佇まいで、店内も3人も入ればいっぱいという狭い空間ですが、有名だったあの美しき絶品デニッシュたちにもまた会えますし、他のパンも相変わらずのレベルの高さを維持しており、期待を裏切りません。えしぇ蔵の個人的な見解ですが、ここのパンにはどこか品を感じるんですよね。いろんなパン屋がありますが、それぞれのラインナップにはなんとなく雰囲気というのがありまして、田舎の素朴さを感じるお店もあれば、都会のセンスを感じるお店もあり、下町の庶民性が売りのお店、ストイックな健康志向のお店などいろいろあります。勝手な感性で書きますが、ここでは品の良さを感じるのです。そう言うとお値段が高そうに感じますが、値段は極めて良心的でそこは心配ありません。パンの見た目や味に品を感じるのです。是非味わって頂いて、皆さんのご意見も伺いたいところです。ただ、如何せんお店が小規模ですので、売り切れるのも早いです。出遅れると売り切れで今日はおしまいなんてこともありますので、是非早めの時間帯に行ってみて下さい。

古賀市美明3-1-8
092-609-9357

今週の作品 永井龍男 「黒い御飯」
永井龍男は1920年、16歳の頃に「活版屋の話」という作品を文芸誌『サンエス』に投稿し、それが菊池寛の目にとまり文壇への足がかりを得ます。そして創刊直後の「文芸春秋」誌上において、この「黒い御飯」を発表しました。それが19歳の頃です。これには本当に驚かされます。何に驚くかというと、この作品を読んで頂ければ分かります。とてもとても、19歳の作品とは思えません。もう長年小説を書いて飯を食ってきたベテランが、円熟期に代表作の一つとして残しました、と言われても全く不審に思わないような、非常に優れた作品です。どう考えてもまだ社会の厳しさを十分には知らない十代の若者の作品とは思えません。最初からこんな感じですから、作家永井龍男がいかにすごいかということが理解して頂けるのではないかと思います。この作品は自分の貧しかった幼少期の体験を参考に書かれているようです。主人公の少年が小学校に入った春の日の家庭の様子から物語は始まります。少年の家はひどく貧乏で、上の兄二人はろくろく学校も出してもらえず、早くから一家の生計を助ける労働力として日々汗を流しています。主人公の少年が学校に行けるというのは両親や兄たちの苦労のおかげであって、感謝の気持ちを持って必死に勉強しないといけないということを厳しい父親が少年に諭します。少年はそれを聞いて泣きますが、その涙は家族への感謝の涙ではありません。自分が貧乏な環境に生まれついたことへの悔しさからくる涙でした。家族の犠牲の上に少年の幸福があるというプレッシャーは幼い心を圧迫します。そのやるせない心情が実に明確に表現されており、読み手の心理の奥を突いてきます。小説とは人の心を表現するものだということをストレートに教えてくれるような作品です。読後にしみじみとなにかが残る名作です。
・えしぇ蔵にメールする ・ESEグルメール バックナンバー 
 メールマガジン「ESEグルメール」 登録フォーム 
メール
メール
エコステーション福岡ソワニエ 

Copyright (C) 2018 Fukuoka ESE Gourmet All Rights Reserved.