(次回更新は5月16日の予定です。)
パソコン出張修理 1回7,000円
福岡ESEグルメ えしぇ蔵日記 えしぇ蔵日記ブログ版 えしぇ姫日記 ぽごしっぽよ
えしぇ蔵小説集 蔵書 文学シマセウ 名文集 美しき日本語 きゃりー写真集
今週の新規紹介 「YORIMICHI」

えしぇ蔵のお客様の会社が粕屋町にある関係で、このお店は”パンモード”になった時の御用達にさせて頂いてます。地元で非常に支持を集めているお店で、えしぇ蔵がいつも行くお昼前後にはお客さんが次々に来てます。それも家族連れが多いですね。それはきっとお店のアットホームな空気がそうさせるのではないかと思います。建物はもとはごく普通の民家で、いい感じの日本家屋だったようです。それをまたいい感じにリフォームしてお店にされてるわけですが、これが非常に素晴らしい空間なのです。お店の人に聞くと特にデザイナーさんを入れたわけではないそうですが、まるで一流デザイナーの作品のような印象を受けます。えしぇ蔵は宿泊施設では何度か経験ありますが、飲食店で「ずっとここにいたい」と思ったのはこのお店が初めてです。天井を外して立派な梁を見せて、開放感も演出しています。そしてきれいに手入れされたお庭を眺めることができるカウンター席もあります。ここに座ってコーヒーを飲みながらずっと庭を見ていたい気分になります。もちろんイートインできますのでお時間ある方はまったりされてみてはいかがでしょうか?ちなみにコーヒーは糸島の「ペタニコーヒー」から取り寄せたものだそうでこれまた美味。パンは様々な種類がありますので結構迷います。ハード系、サンドイッチ、デニッシュ、おかずパン等々。ただ、一日限定600個で売り切れたら終わりだそうで、あまり遅く行くと空振りの可能性がありますのでご注意を。駐車場はありませんが駅前にコインパーキングがあります。なんとその駐車券を持って行くとレジで100円還元してくれます。車で行かれる方は駐車券を忘れずに。パン屋の少ない粕屋町で貴重な存在です。是非、家族みんなで行かれてみてはいかがでしょうか。

糟屋郡粕屋町長者原東1-10-43
092-939-1799


今週の作品 梅崎春生 「桜島」
梅崎春生は椎名麟三や野間宏らとともに第一次戦後派作家と呼ばれています。戦争中は文化的なものも抑圧されていたわけで、敗戦とともに開放された時は様々な文化の花が争って開き始めます。もちろん文学も大いに羽ばたいたわけで、多くの作家が己のスタイルで登場し活躍します。その中でも梅崎春生は戦後すぐに書いたこの作品で注目を集めます。昭和20年の敗色濃厚な中で主人公が見た軍隊の様子を描いています。主人公が桜島に転勤になるのが7月はじめです。終戦は8月15日ですから既に日本の行く末を不安に感じる雰囲気が全体にあるわけです。既に沖縄が占領され、さぁ次は本土上陸だと緊張している時期です。米軍の上陸がどこから始まるかが一番の問題でした。鹿児島からではないか?宮崎の日南か?いや、千葉から一気に東京かも?あらゆるパターンを想定して上陸に備えていました。そんな中で主人公は鹿児島の桜島に暗号解読の担当として赴任します。そこでいろんな人間の生態を目撃します。部下を虐待する兵曹長、交友を結んだが米軍機の機銃掃射で死ぬ見張兵、特攻隊の兵士の荒んだ様子、望遠鏡で見た自殺しようとしている老人……全体にやるせなさというか、どこか悲しく怠惰な空気が流れており、終戦前の日本の様子が非常にうまく表現されています。作者は実際に終戦間際は鹿児島に赴任していたので、その時の体験が生かされているようです。主人公は何も希望を感じさせない社会の中で、自分が何のために生きているのかがわからなくなります。これが「宿命」だと言われてもそこにどうしても納得がいかないという懊悩を描いており、ただの戦記ものとは一味違う奥の深い作品になっています。
・えしぇ蔵にメールする ・ESEグルメール バックナンバー 
 メールマガジン「ESEグルメール」 登録フォーム 
メール
メール
エコステーション福岡ソワニエ 

Copyright (C) 2019 Fukuoka ESE Gourmet All Rights Reserved.