(次回更新は11月14日の予定です。)
パソコン出張修理 1回7,000円
福岡ESEグルメ えしぇ蔵日記 えしぇ蔵日記ブログ版 えしぇ姫日記 ぽごしっぽよ
えしぇ蔵小説集 蔵書 文学シマセウ 名文集 美しき日本語 きゃりー写真集
今週の新規紹介 「hands hands」

西区から糸島へ続く高速の下道は仕事がら頻繁に通ります。そのたびに飯氏あたりで「ベーグル」と書かれたのぼりを目にしてずっと気になってたんですが、道路から周囲を見渡してもそれらしきお店は見当たらずいつも素通りしてました。そしてある日「おさかな天国」に行った帰りに細い裏道を通っていた時に偶然見つけました。ここは普通の一戸建の一階をきれいに改装した小さなベーグル専門店です。またなんでここで?という場所にありますから車で行く時は事前によく地図を見て行かれることをお勧めします。ここには専門店だけあって本当にいろんなベーグルが並んでいます。もちもちとした食感がたまりません。プレーンを食べた時に、これに関しては!というお店の矜持を感じることができました。素晴らしい仕事をされています。具が入ってるものは惜しみなく具が入れてあってたっぷり楽しめます。そしてお値段が安い!この場所だからできるということでしょうか?本当に安いです。ベーグルは高いというイメージがありますが、ここに関してはその心配はいりません。見つけにくいですけど絶対に探し当てて欲しいお店です。なにせ、一切宣伝しないのに口コミだけで売り切れるわけですから、その実力は推して知るべしでしょう。名店になるのに場所は関係ないという一例ですね。(ちなみにオーナーは元プロ野球選手の川口憲史さんだそうです。)

福岡市西区大字飯氏773-1
092-407-8244


今週の作品 大岡昇平 「事件」
大岡昇平といえば、「野火」「レイテ戦記」「武蔵野夫人」「花影」などを連想しますが、今回ご紹介するのはなんと推理小説です。ちょっと意外ですよね。実は大岡昇平は推理小説に関しても造詣が深く、有名なイーデン・フィルポッツの「赤毛のレドメイン家」などを翻訳しているほどです。えしぇ蔵は、群を抜いて優れた作家というのはジャンルを問わずに傑作が書けると思っていますが、これも一つの例ではないかと思います。非常に優れた推理小説で、1978年に日本推理作家協会賞を受賞しています。簡単にストーリーを説明しますと、1961年の夏に神奈川県の山中で女性の死体が発見されます。すぐに19歳の少年が容疑者として逮捕され裁判にかけられますが、裁判が進むにつれて新事実が次々に明るみに出て、明白と思われた事件が複雑化していきます。果たして少年は本当に犯人なのか?判決はどうなるのか?というサスペンスです。ストーリーが面白いのは言うまでもありませんが、特筆すべきは日本において犯罪が発生した場合、どういった手順で裁判が進行するのか、誰がどんな役割を果たすのか、どれぐらい手間暇かかるものなのか、そして判決はどうやって決められるのかという、日本の裁判のしくみが事細かに順を追って説明してあることです。本当に驚くほど詳細に調べてあり、えしぇ蔵は読んでる途中で、大岡昇平は弁護士か検事の経験があったかしら?と調べなおしたほどでした。実際はそういった経験はなく、徹底して調査し関係者にアドバイスをもらいながら書いたそうですが、作者を知らずに読めば法曹関係の人が書いたと思うことでしょう。その調査力には圧倒されました。大作なので調査から執筆までかなりの労力を使ったであろうことは容易に推測できます。間違いなしの傑作です。是非読んでみて下さい。
・えしぇ蔵にメールする ・ESEグルメール バックナンバー 
 メールマガジン「ESEグルメール」 登録フォーム 
メール
メール
エコステーション福岡ソワニエ 

Copyright (C) 2019 Fukuoka ESE Gourmet All Rights Reserved.