パンとエスプレッソと博多っと

Posted By on 2021年2月23日

「キャナルシティ博多」の近くに「ザ・ブラッサム博多プレミア」という高級感漂うホテルがあります。その1階にあるパン屋さんがここです。初めて名前を見た時は入力ミス?と思いました。なんとも独創的な名前です。名前からわかるこの”独創性”がこのお店の最大の魅力だと思います。パンのメニューの中にも思わずひきつけられるものがあります。箱型の「ムー」という名前の食パンが非常な人気ですが、これをまるまる使ったフレンチトーストがあります。これがたまらないのですよ。お持ち帰りもありますが、是非店内でハチミツつけて食べて欲しいです。パニーニのセットもまたオススメです。パンの種類は豊富なのでどなたでもお目当てのものがあると思います。店内の空間もまた独創的です。それでいて長居したくなる心地よさがあります。お店もメニューも客の心理を鷲掴みにする巧みさを感じます。東京から全国に展開している会社ですが、デザインの統一などなく、どのお店もそれぞれに独創的で面白いです。旅先にあれば行ってみたくなるお店ばかりです。これからの時代こういう発想の自由さを何憚ることなくどんどん形にできるお店が社会をリードするんだろうなと、ハチミツをたっぷりつけたフレンチトーストを食べながら考えました。

(えしぇ蔵)

福岡市博多区博多駅前2-8-12
092-292-1190

うどん和助 大名

Posted By on 2021年2月8日

大名にありますこのお店は、福岡でも既に有名になった「豊前裏打会」に属するお店です。他の「豊前裏打会」のお店をご存知の方なら、もうこのお店は間違いないと思われることでしょう。えしぇ蔵も個人的には「豊前裏打会」のお店となると迷うことなく食べに行きます。この会ならではのあの麺のもちもちとした食感とカラッと揚った天ぷら類、あっさりとした出汁は非常にえしぇ蔵のツボを突いてきます。このお店でもそれが十分に味わえます。「豊前裏打会」のお店をご存知ない方は、まずは看板商品ともいえるごぼう天うどんからどうぞ。巨大なごぼう天に驚きますよ。えしぇ蔵個人的なオススメは野菜天ぶっかけですね。申し訳ないくらいたっぷりの野菜の天ぷらがたまりません。他には丼とのセットなどもオススメです。お酒も飲めますので、夜に行くのもまたいいと思います。もちろん〆はうどんで。奥に長い店舗はセンスもよく清潔で、コロナの感染対策もばっちりです。競争の激しい大名で続けていくのは大変だと思います。是非みんなで応援しましょう!

(えしぇ蔵)

福岡市中央区大名2-2-43
092-733-0202

博多 釜どん

Posted By on 2021年1月24日

新型コロナウィルスの影響で最も深刻な被害を受けた業界は飲食業と観光業でしょうね。会食するな、移動するな、という御時勢でどうやって生き抜いていくか?各店舗必死に知恵を絞っていることと思います。今回ご紹介するこのお店は思い切った決断によって効果を上げつつある一つのいい例ではないかと思います。元々は名前にある通り釜飯をメインとしたお店でした。場所が福岡空港の近くの榎田にあり、団体の観光客を迎えるための広い駐車場と買い物できるお土産品店が併設されています。かつてはここに国内国外のツアーのお客さんが大勢来店して、2階で食事して1階でお土産を買うという光景が見られたと思います。ところがご存知のコロナショック。大勢のツアー客なんてすっかり過去の話です。何か思い切った手を打たないといけないということで、2階のレストランでは韓国料理を、1階の店舗(イエスマート)では韓国食材を販売するようになりました。それが見事に韓国料理ファンの心を掴みました。お昼のランチで「豚キムチ定食」や「スンドゥブ定食」などの定食や韓国風のフライドチキンがメニューに追加されましたが、これが実においしいのです。韓国を旅行中という気分にさせてくれる本場の味なのです。おそらく一回行けばその一回で終わることはまずないと思います。もうこれ書きながらまた行きたくてしょうがないです。2階でお腹いっぱいになったら、1階で是非韓国食材を買って帰って下さい。こちらも韓国料理ファンにはたまらない食材が豊富に揃っています。海外に行けない我慢の時期にせめてここに来て韓国を旅する気分を味わうというのはいかがでしょうか?

(えしぇ蔵)

福岡市博多区榎田1-4-72 2F
092-292-1066

とんかつ よしだ

Posted By on 2021年1月12日

低温調理法というのがありますよね。強い火力で短時間で作るのではなく、弱い火力でゆっくりと過熱して調理する方法ですね。当然時間はかかりますが、強い火力の時には出せない独特の食感や味わいを出すことができます。自宅で料理するなら時間がある時にこの方法を試すのもいいと思います(実際、えしぇ蔵は時間がある時にはしばしばこの方法を使います)。ところがこれを敢えて客を相手に実践しているお店もあるのです。今回ご紹介するこのお店は、とんかつを低温でじっくり調理しています。店内に調理に時間がかかる旨の注意書きがありますが、確かに一般のとんかつ屋さんより時間はかかります。それでも待ちましょう。それはそれは素晴らしいとんかつに出会えますから。やわらかくてジューシーで、なんともいえない味わい深さを堪能できます。定食は1000円からあるという良心的な価格設定も魅力です。それでいてご飯、お味噌汁、キャベツは1回までおかわりできますから嬉しい限りです。お酒もあるので夜に飲みに来るのもありです。接客も抜群。店内もきれいで清潔ですが、決して広くはないのでお昼時には待つことを想定しておいた方がいいです。とんかつが好きな人はもちろん、ちょっととんかつは・・・という方にも是非お試し頂きたいです。選び抜いた素材をこだわりの調理法でじっくり仕上げる。おいしくないわけないですよね。

(えしぇ蔵)

福岡市中央区谷1-13-20
092-724-5511

Rojiura Curry SAMURAI. 福岡警固

Posted By on 2020年12月23日

福岡市は本当にカレーのおいしいお店が多くて、カレーだけで紹介するサイトができそうな勢いです。欧風カレー、本場インドカレー、東南アジアのカレーなどいろいろなタイプに分かれて味を競っています。ただ贅沢を言うならもう一つ、スープカレーのおいしいお店も欲しいなと思っていたところ、はるばる北海道は札幌から来てくれました。それがこのお店です。スープカレーの一番嬉しい点は小麦粉を使ってないので食後にもたれないということです。これは個人的には非常に大きなポイントなんです。さらっと食べれて後味スッキリ。それに化学調味料も使ってないので非常にヘルシーで身体が喜ぶおいしさです。そしてこのお店の最大のポイントは野菜をたくさん食べさせてくれることです。「チキンと野菜13品目」、「ザンギと野菜13品目」、「一日分の野菜20品目」などなど、基本的に野菜ありきのカレーというコンセプトが気に入ってます。野菜は一つ一つが大きくて、そのままご飯があれば天ぷら定食になってしまうようなボリュームです。ザンギというのは唐揚げのことですがこの量も半端じゃなくて、これまたご飯があれば唐揚げ定食になるほどです。男性の皆さんも十分満足できると思います。野菜不足になりがちな生活をしている方には是非ここのカレーを食べて健康になって欲しいです。身体が喜ぶ食事をしましょう!

(えしぇ蔵)

福岡市中央区警固2-11-10
092-707-0550

フレンチ ビストロ OUI FUKUOKA

Posted By on 2020年12月15日

九大移転後の再開発で最も元気な街になった六本松とその周辺エリアは、素晴らしいお店が続々と集結しており本当に目が離せません。その六本松の端っこに「裏.六本松プロジェクト」ということで2階建てのオープンな建物に面白いテナントが集まっていますが、その中に今回ご紹介したいこのお店があります。フレンチとはいっても小さいお店で文字通りビストロなので全く堅苦しい雰囲気はありません。ふらっと気軽に入れます。このお店の料理が最高なんですよ。シェフと奥様は福岡好きが高じて台湾から移住して来られたとのことで、新天地で料理の腕一本で勝負しようというその勇気にまず拍手したいです。食べてみればわかりますが、なるほどこれだけの腕ならどこに行っても客はつくだろうと思います。近所に住む友人の紹介だったんですが、彼が絶賛していたのもわかります。真似のできないプロの技を本当に良心的なお値段で楽しませてくれます。フレンチは見た目も大事ですが、そこはやはりセンスが光ります。是非インスタグラムで見て下さい。料理の写真でノックアウトされます。あんな写真見せられたら行かずにおれません。皆さんも是非足を運んでみて下さい。

(えしぇ蔵)

福岡市中央区谷1-14-2
080-3973-5490

インドスパイス BAR 宇宙脳レストラン チチル&シシリ

Posted By on 2020年12月1日

ものすごい名前でしょ?このお店の存在は六本松の大きな通り沿いにあるので早くから知ってましたが、どうしてもこの名前の怪しさが邪魔して入る勇気がわきませんでした。そんな矢先、知人からこのお店のカレーは絶品だと聞いて行ってみて食べてみてもうビックリですよ。名前に惑わされず早く入っておけば良かったと思いました。かなり本格的なネパールの味を楽しむことができます。なにせシェフはネパールの五つ星のレストラン出身ということですから、そのクオリティは抜群です。とにかくスパイスというものの奥の深さを思い知らされます。まさに別次元の味の世界を体験できます。店名ではないですが味の宇宙が広がる感じがします。カレー以外のメニューも豊富で、コースもあります。UberEats もされてます。ところでなぜこの店名なのかというと、オーナーの夢にチチルとシシリという2人の宇宙人が現れたことに由来するそうです(まぁこのへんの詳細は来店してお店の人に聞いて下さい)。皆さんも是非このお店の味の宇宙を体験してみて下さい。

(えしぇ蔵)

福岡市中央区六本松2-2-8
050-5872-5295

アトリエてらた

Posted By on 2020年11月17日

カレー好きな人もそうでない人もヤッホーカレーという言葉は聞いたことあるのではないでしょうか?もはや伝説のようになっているこのヤッホーカレーを食べられるお店がこの「アトリエてらた」です。ヤッホーカレーというお店ではありません。赤坂、桜坂、六本松にまたがるこんもりとした森の中に、古びた一軒家があります。二階にあがるとまさにそこはアトリエです。なんとそこは福岡出身で九州を代表するとまで言われた寺田健一郎画伯のアトリエだったところです。そこを当時の様子を残したまま画伯の息子さん夫妻がお店にして営業されているということです(ちなみに息子さんは「The Beatles」のコピーバンドとして有名な「THE GOGGLES」のギターリスト瀬下黄太さんです)。かつて多くの芸術家が集ったサロンで当時の賑わいに想いを馳せつついただくこのヤッホーカレーのおいしさには本当にびっくりです。しっかりとスパイスが効いて、癖になる味です。他にもホットサンドやパスタなど魅力的なメニューがたくさんあります。お店の棚にあるすごい数のレコードは「The Beatles」を始め名盤ばかりです。料理を楽しみつつ音楽や芸術の話でお店の人との会話が盛り上がるというのも大きな魅力の一つです。ちょっとわかりにくい場所ですが是非探しだして行ってみて下さい。

(えしぇ蔵)

福岡市中央区六本松3-5-28
092-771-4445

よりあい処つしま

Posted By on 2020年10月28日

えしぇ蔵の故郷対馬が、福岡において対馬の魅力を発信するアンテナショップとしてオープンしたのがこのお店です。2020年4月に現在の場所に移転し、リニューアルオープンしています。1階ではうに、あおさ、干物などの海産物を筆頭に、椎茸や地酒、とんちゃん(ホルモン)、餡をカステラの生地で巻いた”かす巻”などを販売しており、2階ではお食事ができます。ランチはもちろん、夜は広い部屋で宴会も可能です。お食事のメニューもなかなかに豊富で、名物のあなごを使ったあなご天ぷら定食や、刺身定食、海鮮丼などなど、対馬の自然の恵みを堪能できます。B1グランプリの銀賞を受賞したこともあるとんちゃん(ホルモン)を使ったとんちゃん定食もかなりオススメのメニューです。とにかく素材の良さはどこにも負けない島ですので、それらをうまく生かしたメニューはどれも本当に素晴らしいです。食べてもらえば、対馬の魅力の一部を知って頂けるかなと思います。対馬はいいものがたくさんあるのに、対外的な宣伝が下手で経済が潤っていません。こういうお店には是非頑張ってもらって、多くの人に対馬の存在を知って欲しいです。

(えしぇ蔵)

福岡市博多区築港本町1-1
092-292-9018

Tacomia

Posted By on 2020年10月20日

タコスをはじめとしたメキシコ料理ってたまに食べたくなります。新宮町に住んでた頃は東区奈多にある「チリジョー」によく行ってました。今住んでる赤坂の近くにもないかなと思って探してみたらありましたありました。それがこのお店です。小さいお店なので座ってゆっくり食べるというタイプではありません。小さいテーブルとカウンターがあって5~6人は座れますが、基本的にテイクアウトのお店と思って下さい。ここのタコスはちょっと癖になります。オーダーする時はまず肉の種類をビーフ、ポーク、チキンの3つから選びます。肉が入らないベジタリアンという選択肢もあります。そしてソースの種類をマンゴーマヨ、明太マヨ、グリーンソース、レッドソースの4種類から選びます。グリーンソースは辛め、レッドソースは結構辛めです。個人差あると思いますが、レッドソースでもそこまで強烈に辛いというわけではありませんので、個人的にはレッドソースがオススメです。トッピングも付けられます。ブリトーもまたオススメです。ただこれは結構なボリュームがありますのでご注意下さい。タコス、ブリトー、ナチョスなどを買って帰って、メキシコビールなんかと一緒に楽しむと最高ですよ。お値段も良心的。ちょっと寄って気軽に買える感覚がいいです。たまにはメキシコ料理でもいかがですか?

(えしぇ蔵)

福岡市中央区大手門3-5-18
080-1543-3854