バス停カフェ ばんび~の

Posted By on 2009年6月29日

「最近は○○屋が儲かるらしいからちょっとやってみっか」みたいな商売人的ノリで開店するカフェも見受けられるのはちょいと悲しい現実ですね。そういう儲けのネタ的カフェはほっといて、こっちはホンモノだけを探しましょうということで日々駆け回っておりますが、例えば宗像でいえばこのお店なんかは非常にえしぇ蔵的琴線を刺激するわけです。あぁホンモノだなぁなんて感じるわけです。まず料理にしろお店にしろ、高い高い、えしぇ蔵にはとても届かないほど高いセンスをビシビシ感じます。何気に装飾されているかのごときインテリアには、計算されつくしたプロの技が、磨きぬかれた感性が反映されています。料理のお味もただおいしいというだけでなく、そこにもやはり技と感性が生かされてさらに一つ上の段階に達しています。儲け主義のカフェにはとても太刀打ちできないものがあります。それもそのはずオーナーさんはデザイナーでもあるのです。なるほどセンスも磨かれてるはずですね。ゆっくりとくつろげる空間であなたもオーナーの感性に浸ってみてはいかがでしょう?
 
(えしぇ蔵)
 
宗像市須恵332-8
0940-51-6108


Comments

Leave a Reply