cafe 家鴨軒

Posted By on 2009年6月29日

毎度毎度はずれなしの京子さんのご紹介。料理の上達に絶対に欠かせないものの一つにセンスが上げられると思います。なんぼ根性で腕を上げても、なんぼ知識を詰め込んでも、最期にこのセンスというものが欠けると、良いお店にはなれても非常に良いお店にはなれないのではないかと思います。このセンスというものは不思議なことに一度磨かれると、対象が変わっても発揮されるものです。例えば料理のセンスがある人はインテリアのセンスもあったりしますし、ファッションのセンス、音楽や絵画などの芸術のセンスもあったりします。料理上手な人は趣味が料理だけにとどまらないというのがよくあるパターンですが、要するに持っているセンスをいろんなものに生かせているということでしょうね。この店はまずお店の外観にセンスを感じます。そして中に入ってインテリアにセンスを感じ、小物や音楽にも感じます。そして主役の料理はセンスてんこ盛りという感じです。優しい味の料理を味わいながらゆっくりと流れるハイセンスな時間。このお店に通うということ自体、センスある行動と言ってもいいかもしれません。
 
(えしぇ蔵)
 
糟屋郡志免町志免1-1-24
092-936-1893


Comments

Leave a Reply