田中一彦酒造場

Posted By on 2009年6月29日

雷山千如寺の和尚さんに「白糸」を頂いたのが最初の出会いでした。なんともまろやかな味が忘れられなくていろいろ調べてみました。そしたら製法が非常に独特でした。「ハネ木搾り」という方法でもろみを圧縮して、酒と粕に分離させるそうなんですが、この方法は日本唯一のものだそうです。こういう独特の技で伝統の味を守り続けてるなんて聞いたら、そりゃあなた、載せずにはおれんでしょう。しかも出来た酒はめっちゃうまいし。創業はなんと安政2年!1855年です。その時からずーっとこの製法だそうです。機械化せず、手間ひまかけて作られたものですから、やはり作り手の真心がこもってるのを感じますね。感謝の気持ちを持って飲みたいと思うお酒です。糸島産のお米と白糸の滝の水を使ってます。地元の自然が生み出した味なわけですね。飲まずにゃおれんでしょう。飲んでみらんですか。ホームページからも注文できますよ。http://www.shiraito.com/
 
(えしぇ蔵)
 
糸島市本1986
092-322-2901


Comments

Leave a Reply