長尾製麺

Posted By on 2009年7月4日

福岡の誇りともいうべき「うどん屋 井戸」と同じ敷地内にあります。あの素晴らしいうどんはここで作られているわけです。吉井町というのは非常にいい水が出るそうです。それが地名の由来だとか。このお店の敷地内にある井戸水は年間を通して16度が保たれているそうで、これがかなり麺作りに貢献しているようです。そういった地の利を生かして、江戸時代の後期からずっと麺を作り続けられています。長年のノウハウはしっかりと味に表現されており、敬意を表すべき品質に到達されています。うどんだけでなくそうめんも作られていますが、このそうめんがまた特筆すべきものでして、延ばす時に油を使用していないそうです。そうすることによって風味を守ることができるそうです。究極のそうめんを目指して、一切手間隙を惜しんでないわけです。商売を広げていくことよりも、品質の追求に賭けて来た代々の職人さんの努力の結晶がここにあります。品質が非常にいいので調理は十分に気をつけて下さい。せっかくのおいしさを逃がすことになります。買う時にお店の人によく聞いて下さい。「うどん屋 井戸」でぶっかけを食べて、帰りにここで究極の麺を買って帰る。最高ですね。
 
(えしぇ蔵)
 
うきは市吉井町927
0943-75-3155


Comments

Leave a Reply