耕治 魚町本店

Posted By on 2009年7月4日

豚骨が標準となってる九州のラーメン界になんと昭和30年から東京風の支那そばで勝負してる老舗が小倉にあります。創業者(先代)は東京の老舗のそば屋の息子で、戦争で生家は没落し先代は小倉に移ってこの店を開店されたそうですが、当初はなかなか九州の人に東京風の支那そばがなじまず、かなり苦労されたようです。それから試行錯誤しながら努力に努力を重ね、少しづつ支持を得るようになって現在では北九州のラーメンを語る上で欠かすことのできない存在になりました。素晴らしいですねぇ。そのお味はと言いますと、スープは非常に上品に仕上がっててあっさりしてます。それにストレートの独特の食感が特徴の自家製の麺がうまくからんでたまらんのですねえこれが。客に対する感謝の気持ちとそれまでのいろんな努力というものがしっかり伝わってくる逸品です。坦々麺も好評ですし、中華のお店ですからメニューは豊富です。1階はカウンターですが上の階にも席があります。建物が縦に長いんで意外と広いです。店全体に上品なというかちょっと高級な雰囲気があります。小倉駅から近いですし遠方の人も行ってみて下さい。
 
(えしぇ蔵)
 
北九州市小倉北区魚町1-4-5
093-551-2849


Comments

Leave a Reply