クラブハリエ B-studioFukuoka

Posted By on 2011年4月1日

バウムクーヘンは日本では最も知名度のあるケーキの一つと言っていいのではないでしょうか。コンビニやスーパーに行けば必ずお目にかかれるほど一般的になっています。名前からしてドイツ生まれというのは察することができると思いますが、意外なことに本場ドイツではそれほど一般的ではないそうです。なぜかというと、バウムクーヘンを作るには特殊な技術が必要だからあまり出回っていないとのこと。え?それなら日本人が普段食べているバウムクーヘンとは違うの?もっとすごいの?もっとおいしいの?と思うでしょ?バウムクーヘンは本当はもっと素晴しいケーキなのではないでしょうか?それを知る鍵は博多阪急の地下にあります。クラブハリエのバウムクーヘンを一口食べた瞬間に、えしぇ蔵はバウムクーヘンの真の姿を垣間見たような気がしました。本場のものを知らないので断言はできませんが、これならきっとドイツの人もうなずくのではないでしょうか。あの味と食感が刺激するのはもはや味覚だけではありません。感動してしばらく茫然自失という感じになります。お店の隣にカフェが併設されていまして、そこで食べることもできます。ここは紅茶もうまいので是非ここで出来たてを食べることをお勧めします。正直、食べるまではバウムクーヘンをたくさん食べるなんて無理だから一人分を二人で分けようなんてえしぇ姫と話していたんですが、あの美味を知ってからは一本丸々食ってみたいという秘かな野望を抱くようになりました。これをお土産に貰ったりしたらきっとその人と握手しますね。涙目になりながら。この味に到達するまでの苦労はかなりのものだったろうと推察します。実に素晴しい完成度です。皆さんも是非はまって下さい。

(えしぇ蔵)
 
福岡市博多区博多駅中央街1-1
博多阪急B1F
092-419-5185


Comments

Leave a Reply