フランス菓子チクシヤ

Posted By on 2014年4月5日

ケーキ屋さんのショーケースには様々なケーキが並んでいますが、そのほとんどはフランスを筆頭にヨーロッパにその発祥を遡るものがほとんどだとおもいます。ですが日本で売られているケーキは日本人の好みにあうようにアレンジされているものが多いです。そもそも大正時代に不二家の創設者の藤井林右衛門がスポンジケーキにホイップクリームをのせてその上にイチゴをちょこんとのせた「ショートケーキ」を販売して日本のケーキの歴史が始まった時点から、既に日本人にあうようにとアレンジされていました(ちなみに日本では「ショートケーキ」といえばこのイチゴがのったものを連想してしまいがちですが、これは日本だけです)。だから皆さんが普通食べているのは名前は横文字でももはや日本のケーキの味なのです。ところがごくたまにオリジナルの味に忠実なお店もありまして、その一つがこのお店です。おそらくそういう意図から店名も「ケーキ」ではなく、「フランス菓子」としているのではないかと思います。このお店のケーキは、海外旅行先でケーキを食べた時のちょっとした驚きと同じものを感じます。日本人に媚びていない味とでも言いましょうか。正直、「お!すごい!」と思いました。甘い部分はしっかり甘い、アルコールを効かせるところはしっかり効いている、味のメリハリがあるケーキです。そして同時にヨーロッパの貴族の歴史を連想するような優雅さ、品性を感じます。日本において万人受けとはいかないかもしれませんが、はまる人は果てしなくはまると思います。こういう確乎とした信念のもとに個性を大事にするお店は大好きです。皆さんも是非海外旅行に行った気分で味わってみて下さい。

(えしぇ蔵)

筑紫郡那珂川町中原4-42-2
092-953-2322


Comments

Leave a Reply