小さな菜園

えしぇ蔵 | 2010年8月11日

手間も費用も通常の飲食店よりかかるのに、客の健康を最優先とするために敢えてマクロビ的メニューで勝負するという飲食店はもうそれだけで表彰に値する存在だと個人的には思っています。筑前町にもそんなお店がありました。こちらのお店では地元の農家で作られた完全無農薬・有機野菜を直接仕入れたものや自家製ハーブなどを使っており、もちろん化学調味料はなし、添加物も極力抑えて料理されています。アトピーなどの問題を抱える人にはメニューなど柔軟に対応できるそうです。店内では自然食品の販売もされており、マクロビ関係の本もあります。店内で音楽界を開催されることもあるそうです。なんだか心身ともに癒されそうなお店です。どんなことでも現状を知るには他と比較する必要がありますが、是非こういうお店のメニューをたまには食べてみて、普段の外食の味との違いを知って頂きたいと思うわけです。きっと身体が喜ぶのがわかると思います。身体が喜んでこそ本当の食事だと言えるのではないでしょうか?
(えしぇ蔵)
朝倉郡筑前町原地蔵1855-1
0946-24-8854

ながいわの郷(さと) ムスビ

えしぇ蔵 | 2010年6月5日

ここは正真正銘のマクロビオティックのレストランです。マクロビオティックという言葉はもはや説明の必要もないほど一般的に知られているとは思いますが一応簡単に。マクロビオティックとはいわば長寿を保つ健康法を意味します。食事に限らず、どういう生活をすれば長生きできるかを具体化しています。今や世界中で取り組まれていますが、そのもとになる理論を最初に確立したのは日本人です。その中で定義されている食事法は、玄米や雑穀を食べなさいとか、砂糖は使うなとか、近隣でとれた旬のものを食べなさいとか、肉類は食べるなとか、野菜は皮ごと使えとか、実に細かく指示してあります。もちろん化学調味料など言語道断です。これらのいわば戒律がなかなかに厳しいのでこれを遵守して飲食店をやるというのは並大抵の苦労ではありません。またそれを求める客がまだ少ないという現状もあります。それでも挑戦している勇猛果敢なお店があるわけです。我々食べさせてもらう客としては感謝の気持ちをもって支持すべきであるとえしぇ蔵個人的には強く思います。全てに優先して客の健康を第一に考えているというありがたいお店を断じて無視すべきではありません。是非みんなで奮闘するお店の心意気に応えようではありませんか。
(えしぇ蔵)
うきは市浮羽町新川3025-1
0943-77-6464

NIIHARA

えしぇ蔵 | 2009年7月8日

人間の食事においてマクロビオティックというのは理想的なものといっても過言ではないと思います。じゃぁみんなそうすればいいじゃないかと思ってしまうのですが現実はなかなかそうはいかないのですね。まずオーガニックの食材の調達の難しさ、料理における技術、それに客の嗜好にあうかどうかの問題・・・どこまでこだわるのか?採算はとれるのか?いろいろ考えていくと実に大変な試みであることがわかります。ですから皆さんには是非、マクロビオティックに一部でもトライしているお店は特に応援してあげて頂きたいのです。普通の飲食店よりも苦労されていることと思います。こちらのNIIHARAでは、NIIHARA GOHAN(にいはらごはん)というメニューにおいてマクロビオティックを採用しています。素材を厳選し、手間隙かけて非常にいい仕事をされています。もちろんそれ以外のメニューも外れなし。優しい味付けで身体も喜びます。接客も店の雰囲気も申し分なし。期待は裏切りません。頑張ってありますので是非、皆さんの応援をよろしくお願いします。
 
(えしぇ蔵)
 
中央区浄水通8-3 浄水クレジェンド3F
092-531-8939

エヴァダイニング

えしぇ蔵 | 2009年7月8日

もっときれいに、もっと元気になりたいと思うなら、一番大切なのは食事の質を高めること。食品添加物や農薬の危険性に警鐘を鳴らす本も多く読まれ、食への意識が高まる中で、「マクロビオティック」も一部のストイックな人だけのものではなく、一般に浸透してきたようです。といっても、まだ東京などに比べれば、マクロビオティックの料理を食べられるお店が少ない福岡で、ここは貴重な存在です。しかも、親富孝通りというロケーションも嬉しい。マクロビオティックを、気軽にお洒落に楽しめる空間を造りたいという、オーナーの思いから誕生したお店です。玄米、野菜、調味料、こだわりぬいた食材で提供される料理は、種類も豊富で、想像以上にボリュームもあります。まずはランチで美味しさを確認したら、夜のアラカルトあるいはマクロビセット、デトックスセットなどで、乾物や旬の野菜が見事に変身した創作料理の世界を楽しんでみましょう。カウンターでお酒も飲める落ち着いた雰囲気も魅力です。いつもより少しだけ気持ちに余裕をもって、玄米や野菜の美味しさをゆっくりかみしめて、体が喜ぶのを感じてみてください。
 
(ぼぅ)
 
中央区舞鶴1-9-3
092-731-2122

マナキッチン

えしぇ蔵 | 2009年7月7日

クリスチャンの人ならマナをご存知でしょう?神様が人間に与えて下さった食べ物としてマナというものが聖書に登場します。その名を冠したお店ですが、内容はその名に恥じない立派なものです。今でこそマクロビオティックはあちこちで話題になってますが、ここはかなり前から取り組んでました。つまり体にいい食べ物を提供するというポリシーをずっと貫いてこられてます。”すべて自然の恵みでつくる”穀物野菜料理が中心です。天然酵母パンやアトピー対応メニュー、お菓子はノンシュガー、ノンミルク、ノンケミカル、無農薬の自家焙煎コーヒー・・・などなど、取り組み方は半端じゃありません。まずは750円のランチあたりからいかがでしょう?夜のメニューももちろんあります。特にオススメは月に2回しかしないビュッフェコース。体が喜ぶメニューがずらりと並んで、食べ放題。他にイタリアンやフレンチスタイルのディナーコースもあります。食材等の販売もされてますし、なんと料理教室までされてます。ただ単に儲けのためではなくて、世間に対する啓蒙活動の域にまで活動を広げてあるところは本当に賞賛されるべきです。今はなんでもうかつには食べれません。日頃の食事にもっと注意を払わないといけない!という危機感を持たせてくれるという意味でもこのお店の存在は重要です。
 
(えしぇ蔵)
 
中央区那の川2-9-30
092-525-4147

オーガニック広場 ひふみ

えしぇ蔵 | 2009年7月4日

オーガニック、マクロビオティック、地産地消・・・今ではあちこちで耳にし、話題にもなるキーワードです。そして多くの人がその良さを既に知っていると思います。では実際に食材をどこで買っていますか?となるとやはり近くの普通のお店だったりするわけです。そしてあまり質の良くない食材や調味料を使って料理し、それを家族に食べさせ、まぁ別に死ぬわけじゃなしとその場をしのいでいくのが現実であったりします。消費者の意識改革ほど難しくて時間のかかることはないでしょう。でも誰かがその道案内役となって消費者に訴えかけていかなければならないわけです。消費者の健康を考えたものを売ることによってそういった活動を続けるお店が福岡の中にも点在していますが、古賀市ならこのお店がオススメです。有機無農薬の野菜、無添加の自然食品、天然酵母のパン・・・などなど、まさにESEグルメ的商品ラインナップをもって地域のため、農家のため、そして消費者のために頑張っています。古賀市の消費者の意識改革のために奮闘しています。こういうお店を応援しないわけにはいきません。皆さんもどうぞご協力下さいませ。
 
(えしぇ蔵)
 
古賀市天神1-2-3
092-944-5755