焼肉とコリアンキッチンぽじゃぎ

えしぇ蔵 | 2011年9月21日

いろんな事件をきっかけに食品衛生の問題がようやく重要視されるようになりました。本当にようやくという感じです。犠牲者を出さないと学ぶことができないというのは悲しいことですね。要するにこれは己の利益で頭がいっぱいな飲食店においては必然的に発生する問題なのです。当たり前のことを、やるべきことをきちんとやっているならかなりの確立で防げる問題なのです(悲しいかなゼロになることは不可能ですけどね)。ではどういうお店が安心なのか?本音で紹介するサイトも一つくらい必要でしょう。それじゃぁ不肖えしぇ蔵がご紹介しようじゃありませんか。おいしくて、安くて、そして何より安心して食べることができる焼肉・韓国料理のお店の一つがこの「ぽじゃぎ」です。ここは黒毛和牛の焼肉と、在日韓国人の方が作るホンモノの韓国料理が楽しめます。いやぁもうその質は食べればすぐに納得です。本当に何を食べても外しません。素材もよければ手間も省いていない、作り手の思いのこもったおいしさがそこにはあります。焼肉はもちろん、えしぇ蔵的には韓国料理のほうも強く推したいので、「韓国料理は苦手・・・」という方に是非お試し頂きたいです。ここで食べてから本当に苦手かどうか判断して頂きたいです。店名の”ぽじゃぎ”というのは韓国のパッチワークで、伝統工芸品の一つです。実に美しいもので部屋に飾っておくと優しい雰囲気を演出します。それが店内のあちこちにあります。それがどこか家庭的なものも感じさせるためか、本当にリラックスした気分になれます。いい雰囲気でホンモノの料理を楽しむ、きっと楽しい時間になると思いますよ。
(えしぇ蔵)
太宰府市大佐野5-13-1
092-921-6639

やす武

えしぇ蔵 | 2009年7月13日

基本的に太宰府という街がすごい好きです。津和野とか秋月とか日田とか、いわゆる日本らしさの残る街というのが大好きなので、太宰府にもよく遊びに行きます。光明禅寺に座ってぼーっと庭を眺めたりするのが好きです。そういう時にお腹すいたとなれば、気持ちが純和風モードですからやっぱ和風のものが食べたい。というわけでやっぱまずはそばかなと。それもまずいそば食ったら気分台無しだからおいしいとこがいいと。そうなればこのお店ですね。歩き疲れてる時にほっと一息つける落ち着いたお店の雰囲気も好きですし、もちろんそばもうまいです。コシが強くてね。えしぇ蔵はおろしそばが好きです。大根おろしとねぎとかつおぶしと玉子とノリとゴマがのって、麺が見えないくらいゴージャスです。これを食べれば疲れもいえるというもの。それでもまだお腹に余裕があるというなら、太宰府のお約束、梅が枝餅といきましょう。ここは梅が枝餅もおいしいことで有名です。抹茶とセットになってるのがオススメ。お腹が満足した時には日本人に生まれてよかったと思いますよ。
 
(えしぇ蔵)
 
太宰府市宰府2-7-16
092-922-5079

トレファン 太宰府店

えしぇ蔵 | 2009年7月9日

またまたわかりにくい所で静かに営業しているパン屋が一軒。時勢に流されず信じた道を行くがごとき姿勢のそのパン屋さんのお得意は鳴門金時バゲット。看板商品です。基本的に素材を重視されているので中の鳴門金時がうまいんですな。それと低温でゆっくりと熟成させた食パンもいいです。えしぇ蔵個人的にはまぼろしのクリームパンがオススメ。クリームがうまくてこれはちょっとはまりますよ。クリームパンなんですが一部メロンパンだったりして、なんか得した気分になります。ハンバーガー類もおいしいですよ。水や塩にもこだわって、添加物はもちろん一切なし。太宰府近辺でパンを買う時には是非どうぞ。
 
(えしぇ蔵)
 
太宰府市五条4-3-38
092-928-6355

山菜 日和

えしぇ蔵 | 2009年7月7日

ここは自分で見つけたんですが、自分をほめたいですね。ここはいいですよ。福岡で数少ない”日本”を感じれる街、太宰府に純和風のこちらのお店は非常にマッチしてまして、ワシのお気に入りのお店の一つです。まずは店の作りが素晴らしい。民家を改造してますが、よくもまぁここまで快適な和の空間を作れたなぁと感心します。こじんまりとしてますがほんとにホッとできる空間になってます。そしておばちゃんたちの接客。わざとらしくない、自然な、心のこもった接客。いるだけで非常に気持ちいいです。そして料理!あぁたまらん・・・四季の和の素材を生かした丁寧な料理!一品一品に心がこもってます。飲み込むのがもったいないくらい。定食やお弁当、お膳がありますが、その値段のまた良心的なこと!こんなにおいしいのにほんとに申し訳ありませんと言いたいくらい。なんせお店のモットーがいいですもん。「四季折々の山菜や体にやさしい食材を生かし、野の花に囲まれた家庭的な雰囲気の中でごゆっくりお食事を召上り楽しいひと時をお過ごし下さい」だそうです。もうわかるでしょ?いい店だってこと。えしぇ蔵的だってこと。行くしかないですね。お隣では「甘味処 お茶茶」をされてます。抹茶やぜんざいがいただけます。こちらも雰囲気良くてオススメです。食事の後はここでお茶ですね。きまり。とにかく超オススメ。行ってみて下さい!
 
(えしぇ蔵)
 
太宰府市宰府1-15-16
092-929-0626

尾道ラーメン萬友南ヶ丘店

えしぇ蔵 | 2009年7月5日

九州ではちょっと珍しい本格的な尾道ラーメンです。お店の壁にも“化学調味料、防腐剤などは一切使用してません”って書いてあるとおり、あっさり&程よいコクがある、魚系のだしです。もちろん本場尾道地区のほどってまでには行きませんが・・・。麺も同様のもの(平たい角麺。例えは悪いけど、カップヌードルの麺みたいな)を使ってありますし、仲々いい味してます。あと、店員さん達が元気で対応もgoodです。移転新装開店のきれいなお店です。とんこつに食べ飽きた時なんか、たまに食べるのもいいですよ。中華そば500円です。
 
(えぼりゅーしょん3)
 
太宰府市大佐野962-8
092-923-8002

フランス菓子 ジャン・ドゥ

えしぇ蔵 | 2009年7月3日

太宰府のおいしいケーキ屋の代名詞となりつつあるのではないでしょうか。いい仕事されてます。しっかりお客さんの支持も得て磐石の体勢という感じを受けます。ケーキにしろお店の様子にしろどこか自信と誇りを感じさせますね。これはやっぱかなりの修行を積んでて、かつ日頃の努力を絶やさないからなのではないでしょうか?ある意味安心できるお店ですね。誰に聞いても絶賛するロールケーキは本当に素晴らしいです。ふわふわのスポンジとクリームが口の中に広がる時の食感はたまらんですね。飲みこむのがもったいないくらい。やっぱフランス仕込みの腕は違うなぁと思います。お店のつくりも非常にえしぇ蔵は好きです。ガラスが多く、照明にもこだわって店内が非常に明るいんですよね。それに清潔ですしショーケースや棚の配置一つとっても工夫がされてるようです。しかもしかも店員さんの接客も非常に気持ちのいいものでして、お店に来た人を楽しくさせるお店になってますね。何から何までよく出来たお店です。お店の方の努力を感じます。こういうお店を掲載せずにESEグルメは成り立ちません。
 
(えしぇ蔵)
 
太宰府市通古賀3-9-8
092-928-0505

宰府まめや

えしぇ蔵 | 2009年7月1日

太宰府で食を楽しむ方法はいろいろあります。梅ケ枝餅を食べながら参道をぶらつくのもよし、茶店でゆっくりと茶を飲むもよし、お昼にはそばをすすったり、たまには奮発して懐石を楽しんだり、帰りには和菓子のお土産なんてのもいいですね。そこにもう一つプラスして頂きたいのがこのお店の豆菓子です。参道沿いにありますのでぶらぶらと歩いていると目に付くと思います。小さな店内に様々な豆菓子がずらりと並んでいます。あらゆる豆を様々なアレンジで商品化し、豊富なラインナップとしていますので、必ず自分の好みのものは見つかると思います。食べてみれば伝統の技とモダンなアイディアが非常にいい形で融合していることがわかります。そのへんにお店の努力を感じますね。お土産や贈り物に抜群ですし、お茶タイムのおともにもいいですね。今や欠かせない太宰府の味の一つです。
通販もされています。http://www.saifu-mameya.com/
 
(えしぇ蔵)
 
太宰府市宰府2-6-15
092-925-0181

御菓子処 梅園

えしぇ蔵 | 2009年7月1日

「御用達」という言葉に弱いのです。皇室御用達、○○家御用達・・・なんか重みのある言葉ですよね。「御用達」という言葉を使うようなところがいい加減なものを選ぶはずないですよね。それは自分たちの名誉にも関わりますからね。ですのでかなり慎重に吟味して選んでいると思います。このお店は「太宰府天満宮御用達」です。すごいすねぇ。やっぱ重いですねぇ。1946年創業のこのお店は今や太宰府には欠かせない存在です。代表作の「うその餅」を始め、「宝満山」、「梅守」、「鬼まつば」などなど、優れた逸品が揃っています。店先に着物を着た参拝者が和菓子を選んでいる姿など実に日本的でいいものです。間口は小さいけど良い古さを残しているあのお店の雰囲気も好きです。「御用達」として責任ある仕事をし続けるホンモノの技をご堪能下さい。
 
(えしぇ蔵)
 
太宰府市宰府2-6-16
092-922-4058

茶房 きくち

えしぇ蔵 | 2009年7月1日

太宰府と言えば何ですか?天満宮?博物館?いいえ、梅ケ枝餅です(キッパリ)。太宰府という町、特に天満宮周辺は福岡の中でも数少ない古き良き日本を感じさせてくれる場所です。外人の友達が来たら連れて行くのは太宰府か秋月がお約束ですよね。そんな情緒ある通りを歩いているとあるわあるわ、梅ケ枝餅の店。製法はどこもそれほど変わらんやろう、どこかで適当に買ってみるか・・・なんて思ったら大間違い。きくちの梅ケ枝餅はちょっと違いますよ。えしぇ蔵はこのお店で食べた時に今までさんざん食べてきた梅ケ枝餅は違う種類だったのか?と思ったほどです。それくらい特徴があります。餅の部分の食感が独特で、あんこもしつこくなくぺろりと食べれます。後味もすっきり。これなら3個はあっという間に食べれます。一体何がこれだけの違いを生むのでしょうか?おそらく見えない部分でいろいろと試行錯誤、創意工夫しこの味を確立させていかれたんでしょうね。外人に限らずお客さんを太宰府に連れて行くならきくちの梅ケ枝餅は必須です。並んででも必須です。
 
(えしぇ蔵)
 
太宰府市宰府2-7-28
0120-259250