糸島ナチュラルチーズ製造所 TAK(タック)

Posted By えしぇ蔵 on 2018年1月1日

糸島といえば食材の宝庫というイメージがあります。様々な地形が混在するせいか、ありとあらゆる食材の質が非常に高いです。その中には牛乳も含まれます。「伊都物語」は高品質で有名ですから糸島の乳牛の質を推し量ることができます。牛乳がおいしいとなれば、それを材料とするものもおいしくなるわけで、こちらのお店ではチーズでそれを形にしています。お店で作ってそのまま売るというまさに手作りの理想形。しかもオーナーさんはデンマークでチーズ作りを修行されたという筋金入りです。ナチュラルチーズというのは生乳などを乳酸菌や凝乳酵素で凝固させたもので、プロセスチーズと違って火が入らないので乳酸菌は生きてます。つまりこれこそ本来のチーズということになります。味の深み、そして新鮮さは本当に素晴らしいとしか言えません。熟成タイプでは「コハク」、フレッシュタイプでは「ラクハク」など、いくつか種類もありますが、店頭で試食させてもらえるので自分の好みで選ぶことができます。食材のホンモノを探すとすれば、チーズのホンモノはここにあります。皆さんも是非お試し下さい。ちなみに「TAK」というのはデンマーク語で「感謝」を意味するそうです。そのことに関連してオーナーさんの熱い思いがホームページで語られていますのでこちらも是非ご覧下さい。こういう心境の人だからこそあれだけの仕事ができるんだと納得しました。
https://www.itoshima-cheese-tak.com/

(えしぇ蔵)

糸島市志摩岐志 63-10
092-328-1076

Posted By えしぇ蔵 on 2017年12月15日

ジョギング中に街でふと見つけた蕎麦屋さんなんですが、このお店と出会えたことは我が家にとって非常に大きな衝撃であり喜びでした。ためらいなく絶賛させて頂きます。北海道の蕎麦の実を石臼で挽いて、つなぎを一切使わずに作っているそうで、蕎麦が持つ本来のおいしさと香りを十分に楽しませてくれます。蕎麦そのものに自信があるからでしょう、「まずは塩と山葵(これがまた本山葵を自分で擦って使うんです。最高ですね)だけで食べて下さい」と言われます。そうすると確かに蕎麦そのものをじっくり味わうことができます。普通の蕎麦の味ではこの食べ方に耐えられないと思います。蕎麦つゆもうす味で蕎麦の魅力を損なわず逆に引き立てるのでこちらもおいしいです。からっと揚った天ぷらも最高ですし、とろとろの蕎麦湯も言うことなしです。かつては三瀬にあったそうですが、(私事ながら)我が家から歩いて行ける場所に来てくれて本当に嬉しい限りです。旬の素材を使った前菜とセットになった「もりそばセット」がオススメです。三瀬鶏の天ぷらやそばがき鍋などもあります。お酒もありますので、まずはおつまみ頼んで少し飲んで、最後に香り豊かな蕎麦をすすって帰るなんて最高だと思います。是非是非、多くの人に足を運んでもらいたいです。

(えしぇ蔵)

福岡市南区野間4-3-33
092-553-1718

ドゥワンチャン

Posted By えしぇ蔵 on 2017年12月1日

今や日本にいながらあらゆる国の料理を楽しむことができますが、ある異国料理のお店でその国の料理を初めて食べた時の印象は、そのままその国の料理の印象になってしまうのは自然の成り行きだと思います。例えば初めて行ったスペイン料理のお店がひどくまずかったら、スペイン料理は苦手ということになりがちです。だから異国料理のお店選びは慎重になるべきです。もし今回紹介するこのお店で初めてタイ料理を食べたとしたら、タイ料理ってなんて素晴らしいんだろうという印象が残ることは間違いありません。それぐらい感動的においしいタイ料理を楽しむことができます。まずはとにかくカレー。何はなくともカレーをお試し下さい。グリーンカレーもいいですが、レッドカレーがまた素晴らしいです。もうそれだけで再訪決定です。まるでタイの食の魅力を凝縮したかのような味です。他にはトムヤムクンや空芯菜炒め、ガパオライス、ソンタムなどの定番タイ料理が揃っています。福岡にはタイ料理のお店はいくつもありますが、ここは絶対に外さないで頂きたいです。味とともに特筆すべきなのはロケーションです。目の前はすぐに砂浜です。バルコニーで食事すればなんともリゾート気分満開です。糸島の自然を楽しみながら、糸島の素材(魚、野菜、そして自家製のハーブなど)で作られた極上のタイ料理を楽しむなんて最高ですよ。糸島にドライブに行く時は是非お試し下さい。

(えしぇ蔵)

糸島市二丈深江2129-18
092-325-3986

フロータン

Posted By えしぇ蔵 on 2017年11月21日

目立たない場所で小さなお店を構えて、近所の人やお得意さんだけ来てもらえればそれでいいというスタンスで営業されている飲食店というのは、かなり高い確率で料理のクオリティが高いと言えます。そういうお店ほどこのサイトでは紹介したいのですが、おそらくお店の人にとってはいらん世話かもしれません。でもやはりこういう姿勢のお店は多くの人に知って欲しいのでやはり紹介します。このお店は住所は平尾ですが、そこだけまるで発展から取り残されて昭和のかけらが残っているという感じの隠れた一角にあります。初めて行く時は”こんな狭い路地を入るの?”ときっと思うと思います。そんな狭い路地の先に数軒お店があってその中にあります。店内は古い家屋をセンスよく改装しています。メニューはカレーのみ。このカレーが絶品なわけです。この一品に賭けるという思いが味の中に凝縮されている感じがします。そんなカレー一つで多くのグルメたちを集めているわけですからその質の高さがわかると思います。ただ、残念ながらあまり大量に作られていないのです。すぐになくなりますから絶対に食べるためには開店時に行くことをお勧めします。カフェとしての利用ももちろんOKです。一つのメニューだけで、しかも少ない量となれば非常にそそられるものがありませんか?皆さんも是非この希少な一皿を味わって下さい。

(えしぇ蔵)

福岡市中央区平尾2-14-21

ムッシュさかい

Posted By えしぇ蔵 on 2017年11月3日

例えばこういうふうに考えたことないですか?「2人か3人で入るお店ならおいしいところはたくさんあるけど、家族大勢で、しかもその中に子どもやお年寄りがいる場合にはあまりおいしいお店には行けないな・・・」なんてことを。お年寄りでも無理なく大人数でもゆったり座れるところ、ある程度賑やかで子どもがはしゃいでもそれほど迷惑にはならない雰囲気のところを探してしまいますよね?そうなるとどうしても味は二の次になってしまいます。まぁしょうがないか、なんてあきらめる必要はありません。探せばあります。例えばこのお店。店内はまるでファミレスです。賑やかな雰囲気で席もゆっくり座れます。駐車場も比較的広いです。それなのに嬉しいことに料理もしっかりおいしいんです。国産牛100%のお肉をオリジナルのジャポネソースでいただくわけですが、ハンバーグもステーキも文句なしの美味です。特にジャポネソースは本当に評価が高いです。メニューも豊富で、ファミレスのようにセットメニューもあります。ハンバーグやステーキはお肉の量を選ぶことができます。家族大勢でおいしい肉料理をゆっくり食べたいという時には絶対にオススメです。ただし、やはりそういう家族連れが多く週末は満席だったりしますのでご注意下さい。

(えしぇ蔵)

筑紫野市塔原東5-3-15
092-922-5955

つけ麺Tetsuji

Posted By えしぇ蔵 on 2017年10月14日

つけ麺というジャンルはえしぇ蔵にとって未知の部分が多くて、何をもっておいしいと判断するのか、その基準が今ひとつ掴めないでいました。だからつけ麺のお店に行ってもこれが果たしておいしい部類に入るのだろうか?と自分で判断できなくて掲載を見送ったことが何度もありました。ところが今回のこのお店に関しては、食べてみて一発で「あ、こういうことか」とわかりました。これがおいしいつけ麺なんだと教えてくれました。とにかく麺もつけ汁もこだわり方が半端じゃありません。麺は小麦とライ麦の全粒粉を使っているそうですが、この食感がなんともたまりません。歯ごたえのおいしさと言いますか、他では味わえないものです。そしてつけ汁は魚介類(肉系じゃないところがこれまたいいじゃないですか)をベースにして、もつをじっくりと煮込んだそうですが、これが絶品なんです。普通、つけ麺のつけ汁って少し濃いのでそれだけを飲むというのは難しいものがありますが、麺なしでもすすってしまうほどの味です。皆さんもきっと麺を食べ終わった後に残った汁が勿体ないと思うはずです。でもご心配なく。嬉しいことにお店の人にお願いすれば、ご飯か割りスープを入れて貰えます。つけ汁のうまさを二度味わえるというわけです。えしぇ蔵においしいつけ麺の基準を教えてくれたお店です。皆さんも是非お試し下さい。

(えしぇ蔵)

福岡市中央区平尾1-9-8
092-707-0068

ぱんや 紺青

Posted By えしぇ蔵 on 2017年9月30日

飲食店に限らず何かお店を開こうとすれば場所は重要なポイントです。通りに面してかつ駐車場が前にあった方がいいとか、下り車線側がいいとか、2階以上のフロアは絶対ダメとかよく聞きます。ですが、最近ではこと飲食店に関しては場所がそれほど重要ではなくなりつつあります。これだけネットの影響力が大きな時代になると、”いい仕事さえしていれば”情報が拡散されて客の方から探し出して来てくれます。だからある意味実力のある人々にとっては腕のふるい甲斐のある時代になったともいえるかもしれません。我が家の姫もパンに関しては特にこだわりが強くて、高評価のお店の情報が入ればどんなところでも探し出して行きます。早良区のリヤカー部隊で有名な西新商店街からちょっと奥に入った静かな通りに隠れるようにひっそりと建ってるこのお店の情報も姫が仕入れてきました。ハード系の充実はもちろん、餡の異なる5種類のアンパンなどのソフト系も魅力的なお店です。幅広い客層に喜ばれると思います。店内にはわずかですがイートインスペースもあります。場所がわかりにくい場合は紅葉八幡宮を目印に行かれるといいと思います。いい仕事をしていれば客の方からやってくる典型的な例がここにあります。皆さんも是非どうぞ。

(えしぇ蔵)

福岡市早良区高取1-26-63
092-982-7511

桂林米粉 山水家

Posted By えしぇ蔵 on 2017年9月18日

中国の桂林といえば誰しも深山幽谷の山水画を連想するのではないでしょうか?非常に景色の美しいところで有名です。その桂林を代表する食べ物が桂林米粉です。米の粉で作った麺(ビーフン)は、なんと秦の始皇帝の時代にここで誕生したとのことです。桂林ではお店が約3000店もあるそうで、まさに地元の人のソウルフードになっています。その桂林米粉を福岡で食べることができます。西新にあるこのお店ではスープがある米粉とない米粉、それに炒めた米粉やチャンポンにしたものなどが食べられます。とにかく米粉の食感が独特で、ここでしか味わえないおいしさです。ホームページにはこう記載されています「桂林で300年の歴史がある米粉店・廖(りょう)家の指導で麺とタレを完成。原材料は全て日本で調達し、独自の製法で麺からトッピングの品々を作りました」。本場の味を再現しようという意気込みが感じられますね。米粉以外の一般的な中華のメニューも豊富で、しかも非常にリーズナブルな価格になっています。店内もきれいで清潔です。西新商店街の中にあって、カフェのように気軽に入れる雰囲気なのも好印象です。ここで桂林米粉を食べて、遠い桂林の風光明媚な景色に想いを馳せるのもいいかもしれません。

(えしぇ蔵)

福岡市早良区西新4-8-36
092-852-2788

幸心堂

Posted By えしぇ蔵 on 2017年9月2日

このサイトではラーメン屋の紹介が少ないとお気づきの方も多いでしょう。ラーメンというものはあまり健康的な食べ物というイメージがありませんよね。実際、食べることで得られるものはメリットよりデメリットの方が多いかもしれません。正直、えしぇ蔵も外食でラーメンはめったに食べません。だからこのサイトで紹介するラーメン屋さんは、健康面にも配慮しているお店か、もしくはそれを抜きにしても食べたいほど際立っておいしいかのどちらかです。だから登場するラーメン屋さんは是非にも多くの方に食べて頂きたい名店ばかりです。それで今回は大野城市で超人気店のこのお店です。いわゆる基本の博多豚骨ラーメンは試行錯誤の末の完成形って感じで何もいうことなしです。後味もしつこくなく、また食べたくなる余韻を残してくれます。ちょっと冒険したところで豚骨醤油ラーメンというのもありますが、これがまた絶品です。豚骨と醤油の組合せは、自分が一番だと思ってるスターを2人使って映画を作るようなもので、喧嘩しそうな2人をこっちをなだめ、あっちを褒め、となかなか作品にするのに大変な作業だと思います。それを見事に成し遂げています。2人で行かれるなら博多豚骨と豚骨醤油を頼んで食べ比べしてみて下さい。大将は某有名店で修行されたそうですが、えしぇ蔵としては師匠の味より断然こちらの方が好きです。場所が住宅街の中なので最初行く時はナビ必須です。お店の前に数台駐車場がありますが、そこが埋まってもすぐ近くに第2駐車場があります。お昼どきはかなり混みますのでそのつもりでどうぞ。近くの人ならリピーターになること間違いなしです。是非お試し下さい。

(えしぇ蔵)

大野城市若草1-4-4
092-595-0242

中華そば おさみ

Posted By えしぇ蔵 on 2017年8月19日

皆さん、うきは市は本当にいいお店が増える一方で、このままいくと素晴らしいグルメの街になると思いますので是非注目して下さい。そもそも自然に恵まれて野菜や果物など素材の質がいいのでそうなっていくのも当然かもしれません。その中でも絶対にはずさないで頂きたいのがこのお店です。とにかくスープを一口飲めばもう納得です。感動的にうまいです。鶏ガラベースでありながら魚介の風味もたくみに一体化して、素晴らしい調和を保っています。後味もすっきり。後で喉が渇く感じもありません。満足頂けることは保証します。坦々麺風の味噌そばや、汁のないまぜそばなどもあります。どれもはずれなし。麺だけではちょっと足りないという方には、味玉チャーシュー丼がオススメです。ミニ丼なんですがこれがまた絶品なんです。かなりお腹空かせた状態で行って、是非これも食べて下さい。店内に「游楽」と書かれたものがあるので何かな?と思いましたが、なんでも以前は那珂川町でその名前で営業されていたそうです。おそらくその頃のファンも尋ねて来られるのではないでしょうか。えしぇ蔵ももしこのお店がどこかに移転したら、追いかけて食べに行くと思います。これでまたうきは市に行った時に食べに行くお店の選択肢が増えて悩ましい限りです。

(えしぇ蔵)

うきは市吉井町1242-1-6
0943-75-2372