珈琲伊藤

えしぇ蔵 | 2018年8月4日

飲食業の形態はそれぞれの時代で栄枯盛衰がありましたが、もし遠い未来に今の時代を象徴する飲食店といえば、カフェということになるのでしょうね。これはまさに自分たちの時代に生まれて発展した飲食店の形ですね。まだまだその勢いは衰える気配はありません。こうして新しい食文化が生まれるのは大変すばらしいことですが、だからといってそれまでの形態を否定する必要はまったくありません。むしろ新しい力に押されがちな状況を憂えて応援してあげるべきだとえしぇ蔵は思います。それがいわゆる昭和に全盛期を誇った喫茶店です。あの時代には今のカフェのような勢いがありました。優れた喫茶店がたくさんあって、コーヒーの品質を競っていました。その喫茶店文化を今もしっかり守り続けるお店は、実は福岡に結構たくさんあります。その中で西新エリアとくればこのお店は外せません。学生街の風景の一部として多くの人の青春時代に関わってきた名店です。ここはサイフォンでいれるコーヒーは言うに及ばずですが、ワッフルとホットサンド(ホットプレートサンドウィッチ)が絶品なのです。コーヒーと一緒に是非このどちらかは食べてみて下さい。ただし結構なボリュームですので女性の方はご注意を。平成のカフェ時代にひたむきに頑張り続ける喫茶店をみんなで応援しましょう。
(えしぇ蔵)
福岡市早良区西新5-1-35
092-823-0325

ぱんや 紺青

えしぇ蔵 | 2017年9月30日

飲食店に限らず何かお店を開こうとすれば場所は重要なポイントです。通りに面してかつ駐車場が前にあった方がいいとか、下り車線側がいいとか、2階以上のフロアは絶対ダメとかよく聞きます。ですが、最近ではこと飲食店に関しては場所がそれほど重要ではなくなりつつあります。これだけネットの影響力が大きな時代になると、”いい仕事さえしていれば”情報が拡散されて客の方から探し出して来てくれます。だからある意味実力のある人々にとっては腕のふるい甲斐のある時代になったともいえるかもしれません。我が家の姫もパンに関しては特にこだわりが強くて、高評価のお店の情報が入ればどんなところでも探し出して行きます。早良区のリヤカー部隊で有名な西新商店街からちょっと奥に入った静かな通りに隠れるようにひっそりと建ってるこのお店の情報も姫が仕入れてきました。ハード系の充実はもちろん、餡の異なる5種類のアンパンなどのソフト系も魅力的なお店です。幅広い客層に喜ばれると思います。店内にはわずかですがイートインスペースもあります。場所がわかりにくい場合は紅葉八幡宮を目印に行かれるといいと思います。いい仕事をしていれば客の方からやってくる典型的な例がここにあります。皆さんも是非どうぞ。
(えしぇ蔵)
福岡市早良区高取1-26-63
092-982-7511

桂林米粉 山水家

えしぇ蔵 | 2017年9月18日

中国の桂林といえば誰しも深山幽谷の山水画を連想するのではないでしょうか?非常に景色の美しいところで有名です。その桂林を代表する食べ物が桂林米粉です。米の粉で作った麺(ビーフン)は、なんと秦の始皇帝の時代にここで誕生したとのことです。桂林ではお店が約3000店もあるそうで、まさに地元の人のソウルフードになっています。その桂林米粉を福岡で食べることができます。西新にあるこのお店ではスープがある米粉とない米粉、それに炒めた米粉やチャンポンにしたものなどが食べられます。とにかく米粉の食感が独特で、ここでしか味わえないおいしさです。ホームページにはこう記載されています「桂林で300年の歴史がある米粉店・廖(りょう)家の指導で麺とタレを完成。原材料は全て日本で調達し、独自の製法で麺からトッピングの品々を作りました」。本場の味を再現しようという意気込みが感じられますね。米粉以外の一般的な中華のメニューも豊富で、しかも非常にリーズナブルな価格になっています。店内もきれいで清潔です。西新商店街の中にあって、カフェのように気軽に入れる雰囲気なのも好印象です。ここで桂林米粉を食べて、遠い桂林の風光明媚な景色に想いを馳せるのもいいかもしれません。
(えしぇ蔵)
福岡市早良区西新4-8-36
092-852-2788

ル・ボー・タン

えしぇ蔵 | 2017年5月20日

未知の領域に勇ましく切り込んで、後に続く世代のために新たに道を築いた偉大な人はどの業界にもいますが、こと日本のフランス菓子業界において忘れてはいけないのが河田勝彦さんです。1967年に渡仏し修行を重ね、パリのヒルトンのシェフ・ドゥ・パティシエを務めるまでになり、帰国後はフランス伝統菓子を日本に浸透させる原動力となり、現在では東京の世田谷で経営されている「オーボンヴュータン」は名店としてその名を全国に轟かせています。その河田さんのもとで修行した、あるいは影響を受けた多くのパティシエたちのお店は、これも名店として名を馳せるものが多いですが、我が福岡にもその影響はしっかりきておりまして、那珂川の「チクシヤ」さんもそうですし、今回ご紹介するこのお店もそうです。店頭でケーキを一度見ればわかりますが、伝統を尊重し、かつ品のある見た目は食べなくても「これは間違いない」と思わせてくれます。そして同じものを味の中にまた感じて、「おいしい」という言葉が出る前にしばし沈黙してしまうほどです。本当に感動する時には言葉は出ませんよね。食べていくうちに、シェフの苦労、そしてその先にある師匠の苦労、さらにその先にフランスのシェフの苦労、さらにフランスのお菓子の歴史を遡って……とそこまで思いが駆け巡ります。味は伝統であることをしみじみ感じさせてくれる、そんなお店です。是非是非、皆さんも味わってみて下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市早良区弥生2-3-2
092-231-9675

BLUE JAM

えしぇ蔵 | 2016年2月20日

イートインあるいはカフェ併設のパン屋さんで、若いお母さんが小さいお子さんにパンを食べさせている風景をよく見かけます。そのパン果たしてお子さんにとっていいものでしょうか?そのお店のパンについて事前に調べることをお勧めします。口に入るものから有害な添加物を完全に排除することは非常に難しいです。せめては自分の意識で避けられるものは避けましょう。子どもさんにも安心して食べてもらえるのは例えばこのお店のパンです。ホームページに「地産地消をベースにした自然派ベーカリー」とありますがこの言葉が全てを説明しています。国産小麦のみを使用すること、添加物・人工甘味料を使用しないこと、信頼できる素材しか使わないこと、ハムやベーコンは自家製を使うことなど、食べる人の立場に立った経営姿勢は賞賛に値します。1階が店舗と工場、2階がカフェになっていますが、2階のカフェは広く、室見川や飯盛山などの自然を見渡すことができて非常に心地よい空間になっています。駐車場も広くて家族みんなで行くには最適です。自然を観ながら自然派のパンを食べるなんて最高ですね。
(えしぇ蔵)
福岡市早良区田村3-1-41
092-861-5888

博多海豚や

えしぇ蔵 | 2013年12月20日

福岡に来た旅行客が一番食べてみたいと思う、福岡ならではのおいしいものとくればおそらくラーメンということになるでしょうね。ではその旅行客の皆さんはどの店のラーメンを食べて帰っているのでしょうか?またどういう感想を持って帰っているのでしょうか?どうもそこが不安で仕方ないのです。なぜかというと、今までさんざんいろんなラーメン屋に行きましたが、これぞというお店は極めて少なかったからです。ほとんどのお店が客を満腹にはしても、大なり小なり身体に悪影響を及ぼすものを食べさせているように思えて仕方ないのです。とにかく味が濃すぎ。塩分が高いのです。食べた後に必ず喉が渇く。後味が悪い。そういうお店ばかりです。旅行客の人たちがそういうのを食べているのではないかと心配してしまいます。せっかくの旅行でそんなもの食べさせられたら旅行も台無しです。必ず事前に調査して頂きたいと思うわけですが、例えばこのお店などはお勧めです。醤油豚骨なので味が濃いような気がしますが、さに非ず。あっさりしててでも濃くがあって、後味もいいです。サイドメニューもきちんとした仕事を感じます。ごはんもののメニューもなかなか充実してます。お値段ももちろん良心的。せっかく福岡に来たんだからラーメンを食べよう!という時には是非こういうお店に行って、「なるほど福岡のラーメンっておいしいんだなぁ」という感想を持って帰って欲しいなと切に願うわけです。
(えしぇ蔵)
大橋店
福岡市南区大橋2-12-12
092-552-7666
 
西新店
福岡市早良区西新1-11-16
092-822-8333

フェルマータ

えしぇ蔵 | 2013年11月16日

知る人ぞ知る、そして御用達にしている人も少なくないこのお店を紹介すると怒られそうですが、でも紹介してしまいます。実は姫と姫のお友達の大のお気に入りで、彼女らはどうもこのお店を活動拠点のようにしばしば利用しているようです。なになに?味にうるさい人たちがそんなにしばしば通うなんてタダモノではないな?と思い、姫に催促して行ってみました。本当に小さくてかわいいお店で、藤崎商店街から少し住宅街に入った静かな場所で、ひっそりと営業されています。店内は3組も入ればいっぱいという感じ。お店もそしてオーナーもなんともいえない優しい空気で迎えてくれます。お茶だけでもしばらくここにいたいと思わせます。でもここに来たなら絶品料理を食べずには帰れません。キッシュやマリネやパスタそしてスイーツなど、それは丁寧に作られています。ただ上手という表現ではとても届かないものがあります。本当に一つ一つをじっくり研究してメニューにされているそうで、その味は努力と研究の末にたどり着いたものなのです。料理に対する姿勢が全然違います。その素晴らしい仕事には敬意を表さずにはいられません。ところがオーナーの優しい笑顔からは微塵もそんな気負ったものは感じられないので、それがまたいいのです。気合入れて作ったから気合いれて食べろ!って店もありますが、ここは気合入れて作られたものだけどゆっくり楽しめる雰囲気があります。客に気負わせないで最高のものを楽しませるなんて実に賞賛すべきことだと思います。料理人は料理の前に出るべきではないですからね。皆さんも是非気楽にすごいものを味わって下さい。一人でされているので多少時間がかかります。お時間のある時にゆっくりどうぞ。
(えしぇ蔵)
福岡市早良区高取1-27-33
092-843-5323

Nishi Pain ニシパン

えしぇ蔵 | 2013年8月17日

202号線別府橋通りを車で走ってると、荒江交差点付近で明らかに周囲とは雰囲気の違う、そこだけ南仏か?と思わせる真っ白なお店がありますが、それがこのお店です。既に店構えからセンスの良さが前面に出ているのでそそられる人も多いと思います。店内も真っ白、スペースもそこそこあって空間全体が簡素で清潔でおしゃれです。そこに並ぶパンは生地がちょっと他とは違う独特の食感です。ハード系かなと思ってかじってみると意外にふわっとして不思議な感じです。この独特の感触はハマる人が多いかもしれません。サンドイッチ類も充実しており、別にコーナーを設けています。イートインもできますし、パスタランチもやっています。このお店は非常に企業努力が感じられます。常に新作のパンにトライしたり、土日にはスープを無料でサービスしたり、つぎ込む熱意の方角が客の方に向いているのがよくわかります。おいしいものを快適な空間で提供したい、少しでも喜んで貰いたい、という姿勢がよく伝わります。非常に好感の持てるお店です。パンのラインナップも幅広い客層をつかめそうですし、このままいけばきっと多くのお得意さんがついて繁盛し続けるのではないでしょうか。えしぇ蔵的にも応援したくなるお店です。
(えしぇ蔵)
福岡市早良区荒江2-10-12
092-407-4516

えしぇ蔵 | 2013年5月19日

かつて六本松の九大近くにあった学生の味方的名店ですのでお世話になったという方も多いと思います。九大移転後は早良区で盛業されています。こちらも福岡歯科大学が近くにあるので今も学生を始め若い人たちに人気を集めています。ここが福岡のカレー好きを魅了する一番の理由は信じられないくらいのコストパフォーマンスです。用意されているボリュームの段階が桁違いの凄さで、えしぇ蔵などは普通でも十分すぎるほどです。普通というのは450gです。その上が中盛りで700g。一番上の山盛りはなんと1kgです!1kgですよ?関取やプロレスラークラスの人が来ても対応できそうです。それなのになんと値段はどの量も普通と同じ。これには驚きました。でも考えてみれば身体が大きい人でも好きでそうなったわけじゃない人もいるわけで、それなのに毎回食費が人よりもかかるというのもかわいそうな話です。そういう人がこのお店に来たらきっと感動することでしょう。(普通の450gも多いという方には250gの小盛りというのがあります。これだけは他より若干安く設定されています。)でもここは量だけのお店と思ってもらっては困ります。このじっくりと煮込まれたカレーの深い味わいはこの道を究め続けた末にたどり着いたものであることがよくわかります。多いからといってガツガツ食べず、じっくり味わって頂きたいと思います。トッピングもいろいろ楽しめますが、ハンバーグが人気のようです。ちょっとわかりにくい場所にありますが近くまで来たら黄色い建物を探して下さい。今日はカレーモードという時には是非どうぞ。
(えしぇ蔵)
福岡市早良区田村2-12-3
092-866-0016

imprestion(アンプレスィオン)

えしぇ蔵 | 2013年3月21日

ほとんどの人が嫌いな食べ物が一つはあると思います。この料理は苦手とかこの商品は嫌いとか。でもそれはアレルギーなどの拒否反応がある場合は別として、その料理や商品に関してたまたま質的に低いものにばかり出会っていたことが原因であることはよくある話です。それはつまりその料理や商品に対する誤解であって、そういう場合は質的にいいものに出会えれば誤解はとけて簡単に苦手克服ができます。例えばケーキは好きでもマカロンはダメという人は結構見受けられます。そういう人は是非このお店のマカロンを食べて下さい。誤解はすぐにとけます。ここのマカロンはマカロンっておいしいんだと思わせる力を持っています。まず店内に入るとショーケースに並ぶカラフルなマカロンに目を奪われます。まるで宝石店のような華やかさです。いろんな種類のマカロンがあるので選ぶのはかなり迷いますが、はずれはありませんので安心して選べます。素材にも手間にも一切妥協していないことは食べればすぐにわかります。アルデュールというマカロンに関しては全国的に有名なお店がありますが、そこでパティシエをされていたそうなのでその腕はお墨付きというわけです。マカロンは小さくて軽いし見た目もカラフルなので贈り物にも最適ですから是非大事な人にもこの味を教えてあげて下さい。博多阪急の地下1階にもお店があります。
(えしぇ蔵)
福岡市早良区飯倉2-9-39 尾形ビル1F
092-407-1600