野田眞木雄餅店

えしぇ蔵 | 2015年4月18日

広川町にある、創業以来100年を超える老舗で、現在四代目という堂々の貫録を誇る和菓子屋さんですが、和菓子屋というよりもまさに店名のとおり餅屋さんといったほうがしっくりきます。季節に合わせてよもぎ餅、かしわ餅、ぼた餅、大福餅、杵つき餅・・・と、いろんなお餅を楽しませてくれます。餅米は佐賀県神埼町の「ひよく餅米」、あずきは北海道産、よもぎは店主自ら山に出て摘んできた天然もの・・・などなど、素材は全て最高のものを使うというポリシーを持ってあります。そして代々受け継がれてきた伝統の匠の技。こうなるとおいしくないわけないじゃなですか。やはり違うなぁと思うのは食感です。あの強烈にもっちりとした歯ごたえにプロの技を感じます。しかもお値段がまた昔のままという印象を受ける安さなのでそこも嬉しいところ。お店を探す時は「杵つき餅」の文字を探すといいです。周辺で道を聞く時も店名より「杵つき餅の店」と言った方がすぐに通じます。誰しも遠い記憶にある、田舎のおばあちゃんが作ってくれたあの心のこもった優しい味をまた楽しみたいと思った時はどうぞお試し下さい。懐かしき日々を思い起こさせてくれる味です。餅専門で100年の時を刻んだお店の餅はやはり違います。まさに餅は餅屋です。
(えしぇ蔵)
八女郡広川町広川1516-3
0942-52-3839

久保田せんべい本舗

えしぇ蔵 | 2014年3月28日

昔から日本のおやつとして親しまれているものの中に玉子煎餅がありますね。形や商品名が異なる様々な玉子煎餅があるので食べたことないという人はほとんどいないでしょう。メーカーも大量生産してますし、歴史のあるものなので結構いろんなところに老舗のお店もあります。それだけ広く親しまれているお菓子でも、やはり群を抜いて優れたものというのはあるものです。そういうのは地方の小さい老舗がコツコツと頑張って作っているというパターンが多いです。そんな老舗を広川町で見つけました。ここの煎餅はちょっと違います。おいしいのは言うに及ばず、とにかく皆さんに体験して頂きたいのは食感です。とにかく軽いんです。ふわっという感じです。煎餅という字から想像するような硬さはありません。この感じは絶対にはまります。石臼挽きの小麦粉を使い、丁寧に一つずつ手焼きされています。もちろん無添加です。ピーナッツ、生姜、みそ、アーモンド、シナモンなどなど、味のバラエティも豊富で選ぶのに迷いますが、まずはいろいろ楽しめる八種詰め合わせからどうぞ。贈り物にも最適です。お店まで行かなくてもネットで購入できますので気軽にお試し下さい。大正時代から変わらぬ味だそうです。受け継がれていく味というのは素晴らしいものですね。
http://www.kubota-senbei.com/
(えしぇ蔵)
八女郡広川町新代75
0943-32-0253

八女茶の老舗 このみ園

えしぇ蔵 | 2011年6月29日

八女茶は日本全国のお茶の中でもその品質においてトップの座を争う存在であることを否定する人はいないと思います。まさに福岡県の誇りです。その八女茶を販売するお店の中でも最も老舗でリーダー的存在と言えるのがこちらのお店です。初代が八女で最初のお茶屋を開いたのが幕末の慶応元年。既に150年以上の歴史を刻んでいます。かつて八女においても様々なお茶の呼称があり、それを「八女茶」に統一することを提案したのは二代目だそうです。本店にはお茶の博物館(なんと江戸後期の建物をそのまま利用しています。建物から既に必見の価値あり!)もあり、そこで八女茶の歴史を知ることもできます。八女茶の発展、そして日本のお茶の発展に貢献してきたその足跡は賞賛されて然るべきだと思います。現在も八女茶の品質の維持向上のために先人に劣らぬ努力を続けておられます。その香り高く味わい深いお茶を味わうときに、何代もの汗が築き上げたその偉大な歴史があってこそ今こうして八女茶が味わえるのだと少しでも感謝の気持ちを持ってもらえると嬉しいです。えしぇ蔵、最大の敬意をもってご紹介します。
(えしぇ蔵)
八女市本町126
0943-24-2020

つるや

えしぇ蔵 | 2010年6月2日

「つるや」は八女の人にとっては聞きなれた名前だと思います。実際八女で知らない人は少ないのではないでしょうか?それほど地元で名を轟かす名店です。えしぇ蔵が仕事で八女に行く時の御用達飲食店の一つです。初めて行って看板商品のごぼう天うどんを頼んだ時の話です。本を読みながら待っていたらお店の人がジュージュー音をたてるものを配膳していました。誰か鉄板焼きでも頼んだとかいな?と思っていたらなんとえしぇ蔵のところに持ってきたものもジュージューいってるのでビックリ!なんとそれは揚げたてアツアツのごぼう天をうどんにのっけたのでジュージューと音をたてていたわけです。このごぼう天うどんは特にオススメしたい逸品です。見事にカラッと揚がったごぼう天はアツアツです。たまらんのですねこれが。そして素晴らしいのがだし。濃すぎず風味豊なだしは絶品です。それが丸くて細くて柔らかいタイプのうどんにうまくマッチして実に完成度の高い逸品になっています。全体的にお値段も安く良心的です。まさに八女の誇りといってもいいお店ではないでしょうか?遠方の方も是非お試しを。
 
(えしぇ蔵)
 
八女市本町西矢原町417-1
0943-23-3379

そば処 な佳しま

えしぇ蔵 | 2009年7月13日

さんざんいろんなそば屋に行きましたけど、食べた瞬間に圧倒的なうまさを提供してくれたお店は正直言うと少ないです。比較的おいしいかなというのは多いですけどね。でもここには参りました。文句なし。そばはこしがあるのにのどごしがよく、つゆも味が濃すぎなくてちょうどいいです。おまけに最後のそば湯もうまい。そばの香りがして濃厚でとろっとしてます。うーん素晴らしい!とうなってしまいます。そういうわけで本来エリア外ですが載せちゃいました。(他にもエリア外で載ってるお店がありますが、要するに紹介せずにはいられないほどいいということです。)星野村にはあまり飲食店がない上に、このお店の評判は既に知れ渡っているようで、休みの日にドライブとかで行くとすごいいっぱいです。でもなんぼ待たされても待つ価値は絶対にあります。もし自分がそば屋になるとしたら弟子入りして、ここを手本にすると思います。お客さんの中にはざるを食ったのにまたかけを追加で注文して頼んでる人いました。その気持ちは非常によくわかります。大盛のざるをおかわりしたくなるような、圧倒的なおいしさ。うまいものってなんぼでも食えますよね。古い家屋を改造したお店の造りも好きですし、周りの自然も気持ちいいし、ドライブの途中に寄って疲れをいやすにはもう絶対最高のお店。太鼓判押しまくり。
 
(えしぇ蔵)
 
八女郡星野村916-1
0943-52-3055

温人

えしぇ蔵 | 2009年7月10日

黒木町は平野の八女市から山間部に入ったところで、緑に埋め尽くされた感じが好きです。八女市側から入って奥へ奥へ進むと山に挟まれた谷状の地形になりますが、その中にポツンとまさに自然に埋もれる感じで川沿いにあるのがこのお店です。自然との調和を保ったその佇まいがいい感じです。古材を利用した和モダンの造りは店内に流れるジャズも手伝って非情に落ち着いた大人の雰囲気を作っています。外観はこじんまりとした印象を受けますが中は結構広くてかなりの収容人数がありそうです。特筆すべきは川を見下ろす広い広いウッドデッキ。自然を満喫しながらの食事もできます。そばはもちろん、接客や店づくりにも丁寧さを感じます。えしぇ蔵はこのお店のとろっとしたそば湯がお気に入りです。そば以外のメニューのおいしさも見逃すべきではありません。いろいろ食べてみて下さい。そばをすすってさっと帰るには勿体ないお店です。
http://www.sobasabo-onjin.com/
 
八女郡黒木町北大淵6400
0943-45-0147

太郎うどん

えしぇ蔵 | 2009年7月10日

八女のメインストリートにある清水町商店街をぷらぷらと歩いてると飲食店がところどころにあります。あたりもあればはずれもありましてリスクが高いので特に食べたいものが決まってないのなら是非太郎うどんへどうぞ!ここなら安心。うどんは九州的なやわらかいうどんですが、これがあっさりしただしとよくあうんです。優しい味です。仕事に丁寧さを感じます。味つけの濃いうどんが主流の九州では食べ終わった丼にだしが残ってるのが普通ですが、ここでは最後の一滴まで飲めます。しかも後口にもひきずりません。それほどのいい仕事をされてるのに気の毒になるほどの安さには店主の客に対する誠意を感じますね。接客も非常に気持ちいいものがあります。えしぇ蔵にとっては八女に行く時の御用達うどん屋です。車で行く場合は隣に商店街の共同の無料駐車場があるので便利です。是非、誠意あるうどんをお試しあれ。
 
(えしぇ蔵)
 
八女市本村425-42
0943-23-7237

お茶の星香園

えしぇ蔵 | 2009年7月4日

えしぇ蔵のお客さんです。オーナーの牛島さんは八女弁バリバリの気さくな方で、緑茶の本当のおいしさをえしぇ蔵に教えてくれました。今まで水がわりにがぶがぶ飲んできたお茶は一体なんだったんだろう?と思ってしまいます。言ってしまえば”お茶のようなもの”を飲んでたんだなぁと感じました。実際、牛島さんから見ればいろんなお店で販売されてるお茶が本当にその値段分の価値があるかどうかは非常に?だそうです。こちらのお店で販売されてるのは決して高嶺の花な値段ではなく、全然気軽に買える価格です。そして一口飲んだ日にはもう感動。お茶で感動ですよ?こんなに奥の深い飲み物だったとは知りませんでした。是非一度お試しを。ただし!せっかくのいいお茶をですね、ほとんどの場合水がだめにします。ですから水にもちょっとこだわってみて下さい。いい水で牛島さんとこのお茶を飲む。ささやかな贅沢ですね。お店は星野村に向かう道沿いにありますのでドライブに行ったら寄ってみて下さい。そして八女弁の牛島さんとおしゃべりするのも楽しいですよ。商品はホームページからでも購入できます。
http://www.seikaen.com/
 
(えしぇ蔵)
 
八女郡星野村707-1
0120-73-4108

ケーキハウスひがし

えしぇ蔵 | 2009年7月3日

ここのチーズケーキのおいしさはちょっとハンパやないです。初めて買いに行った時には仕事で訪問するお客さんへの手土産にするつもりでした。そして自分も味見しようと、お客さん用4つ、自分用1つ買って、自分用を車の中で食べました。そしてあまりのうまさに運転しながらニヤニヤ笑ってしまいました。そして悩みました。何を悩んだかというと、これをお客さんに持って行くべきか?はたまた自分の胃袋に入れるべきか?うーん・・・・悩みに悩んだすえ、持って帰って姫と二人で残りの4つ全部食ってしまいました。(笑)だってうまいっちゃもん!ほんとそーとーうまい!ここはチーズケーキが得意で、10数種類ありますけどどれもうまい!チーズケーキがこんなにうまいものとは思いませんでした。これ絶対チーズケーキすかん!って人も好きになるはず。涙チョチョ切れますよ。それからロールケーキも魅力!非常にシンプルで手作りの味がして、心がこもってます。店内でも食べれますからドライブがてらにいいかも。いやぁそれにしても感動した。ちょっと食べてんて。
 
(えしぇ蔵)
 
八女郡黒木町今602-1
0943-42-3003

菊屋

えしぇ蔵 | 2009年7月1日

八女市の本町というところには「八女福島の町並み」というのがあって、古い家屋を残して昔の町並みを保存しています。どこかに車を止めてその中をぶらぶらと歩くのはいいもんですよ。古い家屋をうまく利用したお店がいくつかあって、ちょっとした食事や買物もできます。この菊屋はその中でも一際貫禄を放つ存在です。なにせ堂々の創業明治35年です。この町の移り変わりを見て来た証人です。このお店の和菓子は明治からずっとこの地域の人々においしさを提供し続けてきました。どの味にも貫禄を感じるのは背負った伝統のせいでしょうか?商品のジャンルは幅広く、生菓子から焼き物、蒸し物、もなかなど多岐に渡ります。中でもえしぇ蔵のお気に入りは大納言たっぷりの「ドラ焼きどんどら」。そしてどら焼の皮に自家製抹茶アイスクリームをサンドした「あいすどら」。暑い季節にオススメ。八女茶を使った羊羹やカステラなどもあります。とにかくたくさんあるので目移りします。選べない時は詰め合わせもあります。ここで「あいすどら」を買って食べながら古い町並をぶらぶら・・・したくなったでしょ?
http://yame-kikuya.com/
 
(えしぇ蔵)
 
八女市本町69
0943-22-4643