焼き鳥の軍ぞう

えしぇ蔵 | 2018年3月26日

えしぇ蔵は不動産の仕事の事務所を中央区大宮に置いておりますが、事務所の周辺には嬉しいことにおいしいお店がたくさんあります。このサイトに掲載しているお店が結構あります。その中でも事務所の3軒隣にあるこのお店は接待などで一番頻繁に利用しています。このお店の焼き鳥は、一般的な焼き鳥のお店と比べて何か決定的に違う特徴があるというわけではないのですが、とにかくその味では群を抜いています。楽しく会話しながら飲んでる時に焼き鳥を口に運ぶと、初めての人はちょっと会話が止まります。そして少し時間を置いて、「……おいしいねぇ」としみじみ言います。これは自分の予想を超えるおいしいものに出会った時の人間の素直な反応だと思います。このお店ではどの串を頼んでもほぼこのリアクションが期待できます。仕込みの段階で何やら秘策があるのか、ちょっと他では味わえないクオリティだと思います。それだけおいしいのだから高いのだろうと思うとこれまた意外。非常にリーズナブルです。店内はテーブル席とカウンターがありますが、それほど広いお店ではありません。それにこの味ですから非常に客が多いです。事前に予約することをお勧めします。飲み物にワインもありますので、ワイン好きな人は是非合わせてみて下さい。我が社の御用達焼き鳥屋に皆様も是非どうぞ。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区大宮1-7-21
050-5868-7233

本格四川料理 三鼎(サンテイ)

えしぇ蔵 | 2018年3月10日

お店の名前やキャッチフレーズに「本格」という言葉が入ると、「これが紛れもないホンモノだぞ」「本来の味をそのまま提供するぞ」みたいな印象を受けるので非常に期待するわけですが、このお店は見事にそれに応えてくれます。現地で四川料理を食べたことはないですが、ここなら味を通して海の向こうの四川料理の世界を体現できるような気がします。四川ですから確かに辛いです。しっかり辛いです。でもそれはこのお店の料理の魅力の一部に過ぎません。まず非常に味が繊細です。「多分、こういう手順で作ったんだろうな」という予想を全く受け付けません。意表をつくアイディアを見事に形にしていることも特筆すべき点です。そしてもはや芸術といえる盛り付けの美しさ。こういった点がプロ中のプロの仕事であることを証明しています。料理長は重慶にあるホテルで長年料理長をされていたそうです。腕はお墨付きというわけですね。まさに「本格」というべき絶品中華です。高価なメニューもあるので高級中華と思われそうですが、リーズナブルな価格のものもたくさんありますし、気軽に食べられるランチメニューもあります。皆さんも是非本格的絶品中華を味わって下さい。(ちなみに「三鼎」とは古代中国で使用された足が3つある器のことで、お店の入り口に置いてあります。)
(えしぇ蔵)
福岡市中央区天神4-5-13
050-5592-4935

いい日とん勝

えしぇ蔵 | 2018年2月10日

トンカツが大好きなえしぇ蔵なので今までいろんなお店で食べてきました。このサイトで紹介しているお店だけで食べればいつも満足できると思いますが、なにせいいお店というのは仕事中にちょっと寄るというのが難しい場所にあったりして、ついチェーン店やそこそこのお店で妥協してしまいがちです。それが繰り返されるとだんだん妥協してる水準に慣れてきて特に不満を覚えなくなります。そんな日が続く中、初めてこのお店で食べた時にはまたかつての”いいお店”の水準を思い出しました。それもかなりの衝撃を伴って。このお店のトンカツは個人的感想で言えば圧倒的においしいです。ちょっとビックリするくらい。余計なことにこだわらず、とにかくトンカツの品質を少しでも上げることに全力投球しているのがよくわかります。肉質の素晴らしさ、そしてその素材の良さを最大限に引き出す揚げ方、本当に”完璧”という表現を使っていいかもしれません。かつて食べに行ってがっかりさせられたトンカツのお店は山ほどありますが、それらのお店の人にこれを食べさせたらどう思うだろうか?と考えてしまいました。ショックで廃業するのではないかと。本当に素晴らしい仕事をされています。ごはん、味噌汁、キャベツお替り自由はお約束ですが、とにかくトンカツがうまいのでそれらもついお替りすることになり、食べ過ぎるのは間違いありません。覚悟して行って下さい。こじんまりした店内はお洒落で落ち着いた和の雰囲気で、かつ肩のこらない居心地良さを演出しています。接客も申し分なし。おそらくこのお店に来た人はよほど遠方からでない限りは再訪されることは間違いないと思います。この文章でえしぇ蔵なりに絶賛しているつもりですが、どうもまだまだ絶賛しきれていない感じがします。あとは皆さんがお店で確認して下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区平尾5-4-7
092-522-9593

フロータン

えしぇ蔵 | 2017年11月21日

目立たない場所で小さなお店を構えて、近所の人やお得意さんだけ来てもらえればそれでいいというスタンスで営業されている飲食店というのは、かなり高い確率で料理のクオリティが高いと言えます。そういうお店ほどこのサイトでは紹介したいのですが、おそらくお店の人にとってはいらん世話かもしれません。でもやはりこういう姿勢のお店は多くの人に知って欲しいのでやはり紹介します。このお店は住所は平尾ですが、そこだけまるで発展から取り残されて昭和のかけらが残っているという感じの隠れた一角にあります。初めて行く時は”こんな狭い路地を入るの?”ときっと思うと思います。そんな狭い路地の先に数軒お店があってその中にあります。店内は古い家屋をセンスよく改装しています。メニューはカレーのみ。このカレーが絶品なわけです。この一品に賭けるという思いが味の中に凝縮されている感じがします。そんなカレー一つで多くのグルメたちを集めているわけですからその質の高さがわかると思います。ただ、残念ながらあまり大量に作られていないのです。すぐになくなりますから絶対に食べるためには開店時に行くことをお勧めします。カフェとしての利用ももちろんOKです。一つのメニューだけで、しかも少ない量となれば非常にそそられるものがありませんか?皆さんも是非この希少な一皿を味わって下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区平尾2-14-21

つけ麺Tetsuji

えしぇ蔵 | 2017年10月14日

つけ麺というジャンルはえしぇ蔵にとって未知の部分が多くて、何をもっておいしいと判断するのか、その基準が今ひとつ掴めないでいました。だからつけ麺のお店に行ってもこれが果たしておいしい部類に入るのだろうか?と自分で判断できなくて掲載を見送ったことが何度もありました。ところが今回のこのお店に関しては、食べてみて一発で「あ、こういうことか」とわかりました。これがおいしいつけ麺なんだと教えてくれました。とにかく麺もつけ汁もこだわり方が半端じゃありません。麺は小麦とライ麦の全粒粉を使っているそうですが、この食感がなんともたまりません。歯ごたえのおいしさと言いますか、他では味わえないものです。そしてつけ汁は魚介類(肉系じゃないところがこれまたいいじゃないですか)をベースにして、もつをじっくりと煮込んだそうですが、これが絶品なんです。普通、つけ麺のつけ汁って少し濃いのでそれだけを飲むというのは難しいものがありますが、麺なしでもすすってしまうほどの味です。皆さんもきっと麺を食べ終わった後に残った汁が勿体ないと思うはずです。でもご心配なく。嬉しいことにお店の人にお願いすれば、ご飯か割りスープを入れて貰えます。つけ汁のうまさを二度味わえるというわけです。えしぇ蔵においしいつけ麺の基準を教えてくれたお店です。皆さんも是非お試し下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区平尾1-9-8
092-707-0068

cheesecake store KAKA

えしぇ蔵 | 2017年7月27日

ケーキの種類は山ほどありますが、その中でもチーズケーキに関してはそれのみに特化した専門店が多いですよね。なぜでしょうか?チーズケーキは古代ギリシャの時代からあると言われるほど歴史がありますし、世界中にあるチーズの種類を考えただけでもバリエーションが多くなるわけですし、焼いてつくるベイクドチーズケーキ、火を通さないレアチーズケーキ、スポンジタイプのチーズスフレなど製法もいろいろあるので、もはやスィーツの中でも独自の世界が広いからかもしれません。そんなチーズケーキ専門店が福岡にもありますが、中でもオススメはこちらのお店。チーズのおいしさを味わって欲しいがためにチーズケーキを作っているというお店の姿勢がしっかりと伝わってきます。ショーケースにはいくつもの種類が並んでいますが、そのおいしさは感動ものです。もはやおやつにコーヒーのおともに軽く・・・というのではなく、しっかり腰をすえてじっくり味わって頂きたいほど味の奥行が全然違います。チーズケーキを食べているというよりも、ケーキの形を借りたチーズを食べているというのが的確かと思います。なんならちょっとワインに合わせてもいいかなと思ってしまいます。4種類のチーズを使った看板商品の「KAKA」とこんがりと表面を焼いた「バスク」あたりから入っていかれるのがいいと思います。そして全種類制覇して下さい。チーズケーキの本来の意味を思い出させてくれるお店です。お土産にも最適。是非是非お試し下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区大名1‐7‐2
092-707-2980

ピッツェリア グランデ

えしぇ蔵 | 2017年6月28日

日本を除く世界中の料理の中で何が一番好きかと聞かれれば迷わずイタリアンと答えるえしぇ蔵です。週に一度は自分でパスタを作ります。これだけは本当に毎日でも食べることができます。飽きないんですね。だからおいしいイタリアンのお店があると聞けば東西南北飛び回ります。中央区には絶品イタリアンのお店はたくさんありますが、白金にあるこのお店は本格的なナポリのピッツァを楽しませてくれるので貴重です。ナポリのピッツァのお店なんてよくあるじゃんと言われそうですが、いやいやいや、ナポリの人に食べさせても日本人として恥ずかしくないお店はほんのわずかしかありませんから貴重なのです。石窯で焼いたナポリのピッツァを中心に、かなり上質のイタリア料理を堪能できます。とにかくピッツァの生地を楽しんで頂きたいです。これが本当にたまりません。薄くてもっちり、外側カリカリ。絶対はまります。ワインの在庫も豊富で自然派ワインもあります。グラスワインでいろいろ飲めるのが嬉しいです。オーナーさんはピザ職人でもあり、なんとソムリエでもあるそうです。料理はかなり上質と書きましたが、お値段はビックリするぐらい庶民的です。おそらくコストパフォーマンスという点でも福岡でかなり上位にあるイタリアンと言えるかもしれません。お店の装飾も南イタリア風のしつらえでおしゃれでいい感じです。小さいお店に見えますが実は2階もあってちょっとしたパーティーにも対応できます。どんなシチュエーションでも使えて、おいしくて安い。言うことありません。是非是非、多くの人に知って頂きたい名店です。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区白金1-6-7
092-531-6070

Zelliges(ゼリージュ)

えしぇ蔵 | 2017年6月4日

実はこのお店はオープンして間もない頃からご紹介していましたが、どうもその魅力を紹介しきれていない感じがしたのと、当時からメニューもだいぶ刷新されていることなどを考慮して改めてご紹介します。本格的な南インドのカレーと、福岡では珍しいモロッコ料理が看板メニューとなっています。カレーについては南インドのミールスを味わうことができます。ミールスとはライスが真ん中にあり、その周りに数種類のカレーや副菜などがそれぞれ小さい器に入って並んでいるもので、ライスにかけて混ぜて食べます。いわばインドの定食ですね。これはなかなかにはまるメニューでしかも健康的ですので特にオススメです。インドのカレーって数種類を混ぜると個々の味がひきたって更においしくなるような気がします。それとクスクスを始めとしたモロッコ料理もなかなか他では味わえないメニューです(モロッコ料理は事前の予約が必要とのことでご注意下さい)。そもそも店名のゼリージュというのがモロッコの建築に使われるタイルのことでモスクや宮殿などを飾っています。幾何学的な模様が色鮮やかで非常に美しく目を奪われます。この店名からもモロッコへの思いが伝わりますね(お店の入口にも使われています)。異国情緒ある特異なコンセプトで頑張るお店です。皆さんも是非どうぞ。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区赤坂3-10-44 赤坂サードアベニュー1F
092-715-7116

桃川菓子店

えしぇ蔵 | 2017年4月22日

シェフ、パティシエ、板前、マスター・・・呼び名が変われどおいしいものを提供してくれる人々に共通するものはぶれない堅固な意志ですね。冷めない情熱ですね。そういったものはその人が作るものに必ず表れて、言葉で表現せずとも客に伝わります。客の口に入るものを作る人はそこまでいって初めてお金をとれるのではないかなと個人的には思ったりもします。今回ご紹介するお店の場合は、カスタードクリームにそれを感じるわけです。それも強烈に。これを自分は極めていくんだという強烈なものを感じます。姫はすっかりその味の虜になって、我が家では時々おやつに登場します。間口が狭く、ショーケースの前に客が一人入れば次の人は外で待たないといけないような小さな小さなお店なんですが、そこで売られているケーキは立派な構えの有名店にひけをとるものではありません。タルトやプリンなど何れも素晴らしいですが、少なくともシュークリームに関してはえしぇ蔵の経験上ではトップクラスです。お店の前に並んで順番を待つ人をよく見かけます。雨の日は傘さして並んでます。そこまでしても買いたくなる逸品なのです。ただ開店が午後1時からなのでご注意下さい。開店が遅い分、閉店が夜中の11時とケーキ屋とは思えない営業時間帯になっていますが、仕事で帰りが遅くなった時やお酒を飲んで帰る時などにちょっと寄って買うことができるので逆に便利かなと思います。是非多くの人に、堅固な意志と冷めない情熱によって極められたカスタードクリームを知って欲しいと思います。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区白金1-6-3
092-534-1751

ガムランディー

えしぇ蔵 | 2017年4月14日

タイの国では、政府商務省国際貿易振興局が「タイランド・ブランド」認定プロジェクトというのをやっておりまして、世界中にあるタイ料理のレストランを評価して、いわゆる”お墨付き”を与えています。これは本物のタイ料理を通じてタイの国を知って欲しいという試みでしょうね。非常に素晴らしいプロジェクトだと思います。認定されたお店は「タイ・セレクト」と呼ばれます。日本にも数十店舗ありまして、我が福岡にも10店舗(2017年4月現在)あります(ちなみに「タイ・セレクト」の中でも特に優れたお店は「タイ・セレクト・プレミアム」として認定されますが、これは残念ながら福岡にはありません)。今回ご紹介するこのお店はその「タイ・セレクト」に選ばれています。つまりタイ政府が太鼓判を押しているということです。この「タイ・セレクト」に選ばれるには料理の質、シェフの経験、お店の雰囲気(タイ風にしないといけない)、サービスの内容等々、非常に厳しい審査を受けて合格しなければなりません。だから安心して本物のタイ料理を楽しむことができる何よりの保証となります。”なんちゃってタイ料理”ではないということです。しかもこのお店では糸島の農園で自家栽培した無農薬、低農薬の野菜を使っていますので、素材の質においても安心できます。お店の入口は1階にありますがお店自体は地下にありまして、奥行があって結構広いです。カウンター、テーブル、こあがり、ソファー席とあって一人でもカップルでも家族でも団体でも楽しめます。料理とタイのお酒を注文すれば、まるで旅行に来てる気分です。タイに行ってみたいなと思わせてくれます(それこそタイ政府の目論見通りですね)。皆さんも是非本物のタイ料理をお楽しみ下さい。
(えしぇ蔵)
福岡市中央区大名1-1-20
092-716-5554